人気ブログランキング |

うるさいギャラリー

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

capture presents something unique 2019

f0190988_21583254.jpg

IAF SHOP*では今週土曜日2月2日の夜に音楽+パフォーマンスのイベントが開催されます。主催はウチではもしかしたら一番多くイベントをやってるかもしれないcaptureこと中村勇治さん。いつも俺がまだ見たことがない人を必ず一人は連れてきてくれるので、俺にとっても非常に興味深い、というか新しいコトを知れるのでいろんな意味で助かってる企画者です。

今回は、

--------------------------------

福岡周辺の現在のパフォーマンスシーンをユニークかつ自由な表現で演出する5組によるライブ

--------------------------------

だそうです。



capture presents something unique 2019


日時:2019年2月2日(土)19:00開場/19:30開演

料金:1,500円+要1オーダー

※チケットはありませんので全て当日精算となります。

※予約不要ですので当日直接お越し下さい。

会場:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)

問合せ:090-5475-5326(佐藤)

http://iafshop.tumblr.com/

【capture】

2013年より音と音以外の表現者との即興パフォーマンスを中心に開催。

主宰は中村勇治。

TEL:070-5400-1965

capture@nakamurayuji.com

http://capture.nakamurayuji.com/


<出演者(中村勇治がfacebookに書いていた紹介を拝借)>


キドリーヌ(Vo,Guitar)

------------

最初はただのお客さんだった。

1弦と2弦だけ弦のあるギターをもらった。最初は家にギターがあるだけで嬉しかった。

ある日、弦の張り方を教えてもらった。

コードを習った。

弾き語りを始めた。

ライブ出演するようになった。

バンドを組んだ。

歌を作り始めた。

エフェクターが増えた。

流れに身を任せてたらこうなっていた。

------------


hospitaliest(ほすぴー)(synthesizer)

------------


ンッアー


------------


谷本史童(尺八)

長崎市出身

大和聚童に師事し昭和の人間国宝・納富寿童直伝の琴古流尺八を学ぶ。古典尺八を基礎に置きつつも新たな創造を求めて多方面に活動を展開中。

https://sidoshauhachi.jimdo.com/


倉地久美夫(Vo,Guitar)

64年:福岡県生まれ。母校中学校舎火事の際、打楽器オルガン等数種を盗み、以後多重録音音楽製作を行う。現在までに7枚のCD他アナログ等発表。80年代、関東にて漫画・舞踏~宅録と自身のバンドでライブなど行う。95年以降は福岡県在住。弾き語りを中心に倉地トリオ(sax菊地成孔/drum外山明)共演等国内で行う。歌手清水泰之氏、ギタリスト松下隆二氏に師事。02年第2回詩のボクシング全国大会優勝。09年JNN九州放送にてドキュメンタリー番組。11年倉地を追ったドキュメンタリー映画「庭にお願い」公開。

2019年1月、80年代作品CD「へっちゃらソーニャ」、「おろかな雲」リリース

http://hirunohikari.com/kurachikumio.html


吉田肇+中村勇治+松岡涼子

吉田肇(guitar)

1970年生まれ。

1992年にバンドPANICSMILEを結成、GuitarとVocalを担当。その他多くのバンド、セッションにも参加、主にエレキギターを我流でノイズ混じりに弾く。ライブハウス福岡UTEROにてブッキング業務を担当。

http://headachesounds.blogspot.com/


中村勇治(bass clarinet,soprano saxophone)

福岡市在住。即興表現を中心とした演奏活動を積極的に行っている。自己ユニット:captureをはじめ、ダンス、舞踏、書、演劇、ストリップ、ポエトリーリーディング、写真、メディアアート等のアーティストとのセッションライブ、近年ではパンクロックバンド・赤虫での活動などジャンルを横断しユニークで枠にとらわれない活動を続けている。

http://capture.nakamurayuji.com/


松岡涼子(舞踏)

2000~07、舞踏青龍會に参加。2002、福岡・東京でのソロ公演を機に、美術館や劇場、野外など様々な場で活動を展開。演奏家や美術作家とのコラボレーションも多く、2015年には画家生島国宜の絵画連作の主題となった。演奏やアート、身のまわりの素材や音・風景から受けたインスピレーションをもとに、日常の狭間の非日常をその場の人やものと分かち合う瞬間を大切にしながら舞踏を続けている。

2002.「光の鱗」(東京 テルプシコール舞踏新人シリーズ第27弾)、2006.韓国「加耶世界文化祝典2006金海」参加、同年「仄暮れ」(国際芸術センター青森・武内貴子展)、2008.「不安なキャベツたち-舞踏」(福岡アジア美術館・斎藤秀三郎展)、「ほころび」(熊本市現代美術館・冨永剛作品内)、2008~09.Tokyo Babylon Solo Dance Selection『ポンペイの落書き#01~3』出演(東京 pit 北/区域)、2009.「時を渡る」(福岡市美術館30周年記念「コレクション/コネクション」展関連企画・中西信洋作品内)、2010.「火影」(佐賀 富右ェ門窯)、2015.「漂着」展参加(北九州 Operation Table)、2016.「カラダに効くアート」展パフォーマンス(福岡 九州芸文館)、2018.「Pecha Cucha Link up project 3」参加(韓国・ソウル)他。

http://ry-k-m.tumblr.com/



IAF SHOP*の場所です。


f0190988_21585020.jpg


by iaf_satokei | 2019-01-31 21:59 | Comments(0)

自分が自分自身と対話するひととき



このブログには今年初めての投稿になるのよね。

皆様、明けましておめでとうございます。IAF SHOP*の佐藤です。

今年も一年みんなの力を借りながら何とかやっていけたらなぁと思っとります。

そんなこんなで諸々よろしく頼みます。


さて、今年一発目の展覧会が明日1月17日木曜日から始まります。

作家さんは「ひととき あやの」さんといいます。

この展示は今までのIAFでは一度も無かったような雰囲気になるような気がしています。

彼女は出会った人で彼女に描いてほしいという人ならば、きちんと対面して彼女が感じたその人の"魂"を描く、ということを続けている人です。それを続けながら旅をしている人です。

何と去年一年で500人描いたそうです。そして500人を達成した後からは旅を続けながらその土地土地で展示もやっていこうと考えているとのことです。

ちょっと並みじゃないなと思いました。"魂"がどういうものか分からないけれども、分からないから見てみたいという気持ちでいます。

4日間だけですが気になるという人は是非見に来てください。

IAF SHOP*の空気をどんなふうに変えてくれるか、楽しみしかありません。


--------------------------------

自分が自分自身と対話するひととき

f0190988_23520766.jpg

作家名:ひととき あやの

会期:2019年1月17日(木)~20日(日)

時間:木・金・土曜日18:00-23:00 日曜日13:00‐18:00

料金:入場無料

場所:IAF SHOP*

福岡市中央区薬院3-7-19 2F

TEL:090-5475-5326(佐藤)

http://iafshop.tumblr.com/


〇展覧会内容

鹿児島県出身で全国を旅しながら絵を描いている「ひととき あやの」さんの福岡では初めての展覧会。
実際に人と対面し、彼女が感じたその人の精神世界(魂)を抽象的に描いている。使用する機材はiPad。対面している人と話しながら手書きして出来上がりを見てもらうようにしている。

1年で500人を描けたら全国各地で展示をすると決意し無事達成することができ、今回の福岡は北海道、鹿児島に続いて3回目の展覧会となる。


〇作家プロフィール

1997年5月20日生まれ
日本鹿児島県出身在住

高校卒業後、大学受験失敗を機に抽象的な絵を描きながら自分を知る作業を始める。
色んな職業の人や価値観に触れる生活の中で、瞑想やエネルギーワークなどを体験し見えない存在やパワーの大切さを知る。瞑想の感覚で絵を描き始めたのがきっかけで人の世界を描くようになる。

みんな繋がっている

世界は一つだということを

一瞬体感したのをきっかけに


それを確認、表現するため500人の人を描く旅が始まる。述べ650人以上の人を描き、良い悪いは無く一人一人がそれぞれ美しいことを知り、個展や個別に描くオーダーを受ける中で一人一人の個性が存分に生かされる世界を夢見て活動している。


〇作家からのコメント

自分がしたいこと、

思ってることって何だろう?

あなたが人との関わりの中で大切にしていることって何ですか?

人は一人では生きて行けない。

それは当たり前のことだけど

必死になればなるほど

日々の生活に追われれば追われるほど

そのことを忘れてしまい

虚無感に襲われることも

あるんじゃないかと思います。


この個展では

私が今まで描いてきた

人から感じる言葉にできない喜びを

抽象的に描いた精神世界

魂の絵を展示致します。


魂と言われると

浮世離れしたように聞こえるかもしれませんが

人の見た目ではなく心の世界

性別も年齢も地位も関係のない世界

を私の感じるがままに表現しています。


650人以上の人々を描いてきて思ったのは

良いも悪いも無い

みんなそれぞれ美しいということです。

卑下する事なく

ありのままの自分を見つめられて

その個性が存分に生かされる世界を

願って展示させていただきます。

--------------------------------




展示作業の途中の写真を一枚だけ。

f0190988_23434281.jpg

IAF SHOP*の場所です。



by iaf_satokei | 2019-01-16 23:44 | Comments(0)