うるさいギャラリー

「capture plus vol.18」木村由/吉田肇/竹永省吾/中村勇治


f0190988_23054500.jpg
今週のIAF SHOP*は金曜日にイベントやります。中村勇治主催の「capture plus」。

IAFでやるのももう何回目か忘れるくらいやってもらってます。

出音の確認はするけどリハはやらない、打ち合わせも直前にちょこっとやるだけ、ただただ即興のみで勝負するライブイベント。聴くほうも即興に対するそれなりの準備をしてから音と対峙する感じで、感覚が鋭敏になる楽しみを味わえます。

今回は東京から木村由さんというダンサーさんが参加します。木村さんはIAF SHOP*には2回目の登場になるのかな。電子卓上音楽団の竹永省吾くんはもうウチではお馴染みの人。それから俺が今回すごく嬉しいのはPANICSMILEの吉田さんが初めてIAFで演奏してくれることで、何故かというと俺は20年以上前から吉田さんをこっそり尊敬している福岡のインディーロック好きの一人だからです。


--------------------------------

ちゃぶ台ダンスなどのユニークな活動を続ける木村由(東京)と福岡のノンジャンルで活躍中の精鋭ミュージシャンによる新しい瞬間。


「capture plus vol.18」木村由/吉田肇/竹永省吾/中村勇治


日時:2018年8月31日(金)19:30開場/20:00開演

料金:1,500円+要1オーダー

※チケットなし・予約不要ですので当日直接お越し下さい。

会場:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)

問合せ:090-5475-5326(佐藤)

http://iafshop.tumblr.com/

【capture plus】

2013年より音と音以外の表現者との即興パフォーマンスを中心に開催。

主宰は中村勇治。

TEL:070-5400-1965

capture@nakamurayuji.com

http://capture.nakamurayuji.com/


<出演者>

木村由(dance)

東京在住。幼少の幼少の頃、団地の集会場でモダンダンスと会い、踊りの世界に足を踏み入れて以来、踊りと共に過ごしている。「ダンスパフォーマンス蟲」主宰。ちゃぶ台の上で踊る「ちゃぶ台ダンス」を毎年「夏至」と「冬至」に行っている。即興演奏家とのライブを多数こなし、即興という行為のなかで身体を見いだしていく一方、無音独舞公演も行い、踊りの模索を行っている。

http://mushi.info/


吉田肇(guitar)

1970年生まれ。1992年にバンドPANICSMILEを結成、GuitarとVocalを担当。その他多くのバンド、セッションにも参加。主にエレキギターを我流でノイズ混じりに弾く。ライブハウス福岡UTEROにてブッキング業務を担当。

http://headachesounds.blogspot.com/


竹永省吾(CDJ)

1995年CDJ-50を手に入れ、一時停止音の虜になる。1999年KAPPAと出会い、CDJを含めた独自の音楽を模索するようになる。2001年”電子卓上音楽団”、2009年”電子たくあん”を結成。 ソロパフォーマンスも活動しつつ、トランスバンド”七色川”、話×電子音”Barren Banquet”、舞踏(松岡涼子)×電子音”CooRef”など多様なスタイルに挑戦。2016年より中村勇治が主宰するcapture(ライブハウスver.)に参加。 2017年アジアンミーティングフェスティバルの福岡公演に参加。


中村勇治(bass clarinet,soprano saxophone)

福岡市在住。即興表現を中心とした演奏活動を積極的に行っている。自己ユニット:captureをはじめ、ダンス、舞踏、書、演劇、ストリップ、ポエトリーリーディング、写真、メディアアート、等のアーティストとのセッションライブ、近年ではパンクロックバンド・赤虫でも活動するなどジャンルを横断しユニークで枠にとらわれない活動を続けている。

http://capture.nakamurayuji.com/

--------------------------------


f0190988_23060184.jpg




[PR]
by iaf_satokei | 2018-08-28 23:09 | Comments(0)