人気ブログランキング |

うるさいギャラリー

Lastgasp Art Laboratories Workshop

また今日も告知(コピペ)で申し訳ないが、2月後半はこのワークショップも含めた一連のノイズミュージックに絞り込んだ音楽フェス、
Against 2009 : Fukuoka Extreme Music Festival
に大注目してほしい。

本番は28日にgrafというクラブで行われるライブやけど、その前にアートスペーステトラでこのワークショップ、IAF SHOP*では写真展とトーク&映像企画と、それはそれは盛りだくさんでどれも面白いこと間違いなし。IAF SHOP*でやることはまたちゃんと書くけど、このワークショップに興味をそそられる人も多いと思うのでとにかく大急ぎでコピペ!

---------------------------------------------------------
LASTGASP ART LABORATORIES/ TROGOTRONIC ELECTRONICS WORKSHOP
世界的に活躍するアナログ・エフェクトのデザイナー/ミュージシャン2人によるトークと
自作アナログ・エフェクト制作ワークショップ。
Against 2009 : Fukuoka Extreme Music Festival 関連企画 )

2009年02月21日(土)
時間…open 12:00 / start 12:30 / close 16:30
参加費…4,000円
申込み・お問い合わせ…
deterra
swb8@gol.com(シェーン・ボーデン)
※15名限定(初心者OK | 要申込 | 締切り2/15。)
※材料費などすべて込。完成したエフェクターはお持ち帰りいただけます。


f0190988_12454137.jpg



ノイズ・ユニット、DEFEKTROのHirofumi Uchinoが運営するアナログ・エフェクト機器デザイン・製造工房、LASTGASP ART LABORATORIESのオリジナル・エフェクター「八六式毛羽立歪機・改(発振ファズ)」の制作ワークショップと、カリフォルニア・ベースのアナログ・エフェクト製造会社、TROGOTRONIC USAのWT NELSON(THE BASTARD NOISE)によるトーク。

主旨
ノイズミュージックやサウンドアート等のアーティストが望む音を出せる楽器を自ら製作することで、独創的で創造性の高い作品を生み出す可能性は多いにあり得る。その類いの音楽のために設計されたエフェクター(音を加工する装置)を製作を体験することで、その方向性へのきっかけを提供する。

概要
1. きっかけ作りという主旨から、専門的な知識や特殊な技能を必要としないものを製作する
2. 当ワークショップならではのオリジナル回路にする
3. 入手が容易な材料を使用する
4. 出来るだけ個々の部品から製作する
5. 最終的に正常に動作し、その後使用可能なものに仕上げる

作業内容
発振系ファズエフェクター「八六式毛羽立歪機 改 - オシロファズ "86A"」の製作
1. 部品の有無を確認(パーツリストを参照)
2. ハンダによる基板への部品組み込み(実体配線図を参照)
3. ツマミ、ジャック等のケースへのレイアウトと穴開け
4. ケースへの部品組み込みと配線(実体配線図を参照)
5. 動作確認と手直し

LASTGASP ART LABORATORIES
日本/オーストラリアのノイズ・ユニット、DEFEKTROのHirofumi Uchinoによって運営されているアナログエフェクト機器のデザイン・製造工房。

TROGOTRONIC
THE BASTARD NOISE/GeronimoのWT Nelsonによって設立されたカリフォルニア・ベースのアナログ・エフェクト製造会社。
by iaf_satokei | 2009-02-13 12:48 | Comments(0)