人気ブログランキング | 話題のタグを見る

うるさいギャラリー

IAF SHOP*のtumblr

IAF SHOP*のtumblr(兼IAF SHOP*HP)
IAF SHOP*のtwitter
# by iaf_satokei | 2023-06-12 02:44 | Comments(0)

友池理絵個展「お久しぶりです。友池です。」



友池理絵個展「お久しぶりです。友池です。」_f0190988_19080565.jpg



IAF SHOP*では先週と今週の土日に友池理絵個展「お久しぶりです。友池です。」を開催しています。

俺の感想としては、

やって良かった。

見れて良かった。

というのがまず一番です。

見に来てくれた人たちもほぼ全員がしみじみと「はぁ~、良いなぁ~」と言ってる感じでした。

他にいろいろ展示見に行ってる人でも、この友池さんにしか描けない作品群を前にしたらきっとグッとくるものがあると思います。

先週台風で来れなかった人もいるかと思いますが、今週末時間ありましたら是非見に来てください。



----------------------------------

IAF SHOP*「いたずらシリーズ」

友池理絵個展「お久しぶりです。友池です。」


会期:2022年9月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)

時間:15:00‐21:00

料金:入場無料

場所:IAF SHOP*

福岡市中央区薬院3-7-19 2F

TEL:090-5475-5326(佐藤)

http://iafshop.tumblr.com/


〇展覧会内容

美術家友池理絵の本当に久しぶりの展示です。2年ほど前に一度企画しましたが、コロナのせいで延期になっていたものでもあります。今回は週末のみの開催で2週間の展示になります。日常の中で描き続けてきた絵画作品をギャラリー空間にふんわりとした感じになるように展開します。

----------------------------------


会場の写真を一枚だけ載せます。


友池理絵個展「お久しぶりです。友池です。」_f0190988_19074896.jpg









# by iaf_satokei | 2022-09-22 19:09 | Comments(0)

OGA 書 EXHIBITION 「金継」


OGA 書 EXHIBITION 「金継」_f0190988_16155562.jpg


IAF SHOP*では昨日から書道家OGAさんの初個展、OGA 書 EXHIBITION 「金継」が始まりました。打合せの時に聞かされた、かなり大変そうやけどホントにこれやるの? っていう展示構成がほぼ実現している力作です。禍々しいけど清々しいというか、リアルでもありフィクション感もあるという不思議な感じがするとても面白い展覧会になっています。是非体感してもらいたいです。

今週土曜日8月6日の15:00からは30分程度のパフォーマンスも行う予定です。そちらもお楽しみに!




OGA 書 EXHIBITION 「金継」


作家名:OGA

会期:8月1日(月)~8月11日(木)

時間:平日15:00‐23:00、土日祝11:00‐23:00

※期間中休廊日なし

料金:入場無料

場所:IAF SHOP*

福岡市中央区薬院3-7-19 2F

TEL:090-5475-5326(佐藤)

http://iafshop.tumblr.com/


〇展覧会内容

小学2年生から筆を持ち、2010年からパフォーマンスや展示を中心に活動しているOGAによる書の初個展です。

陶磁器の欠けを金で継ぐ修復技法が、自身の制作と重なりテーマとしました。


〇関連イベント

書道パフォーマンス

8月6日(土)15:00‐


〇作家からのコメント

禍々しい感情は舌先にくるむ

凝固したそれはヘドロになる

ことばの線を引く時は

紙擦れの声とか互いの呼吸とか

脈動に胸が震えながら

熱を帯びた鉄の礫が

体内から、体内から

無数に弾け飛ぶような衝動を感じながら

割れた破片を金で継ぐ










# by iaf_satokei | 2022-08-02 16:16 | Comments(0)

大澤弘輝展覧会『D2OKITTHJE』



今IAF SHOP*では大澤弘輝展覧会『D2OKITTHJE』が行われています。

初見の印象は感性と勢いがすごいIAF SHOP*らしい展示だなと思ったけど、じっくり見てたらはたしてそうかな? 何かそれとは違うような気がするぞ、と感じるようになりました。でも初日は作家が在廊していなかったのでとりあえず他の人の感想も聞きながら本人が来たらいろいろ聞いて確認してみようということにしていたら、本人から連絡があり土曜日の朝早くから展示替えの作業をしました。少し替えただけやけど展示空間に佇みやすくなりかなり良くなりました。でもそれと感じていた違和感が無くなるのとは別の話で、それは何かを自分なりに考えた結果、作品それぞれから感性とか勢いとともに“抑制”のようなものも感じていて、そういった相反するものがひとつの作品の中で共存出来るのかという問題を本人がどう捉えているのか、ということだと思っていろいろ聞いてみました。全部は分からなかったけど、今回の作品の制作方法が本当に変で、なのにそのやり方で絵画として成立させたいという、そもそもあり得るのかということに挑みたいという作家としての意思は伝わってきました。答えは出なかったけど彼にとって制作とはそういうもので、当面はそのことに向き合いながら続けていくんだというふうに思います。

今回の展示は彼の中で『ちょっと早めの夏期講習』という副題が付けられていて、この後8月20日から長崎県西海市で『がっつり暑いぜ夏合宿』という展示もやるそうです。今回の挑戦のその先がそこで見られるはずです。


下の方に展示風景を少し載せます。ゆっくりじっくり見てほしい展示です。



----------------------------------

D2OKITTHJE


作家名:大澤弘輝

会期:2022年6月9日(木)~6月19日(日)

時間:15:00‐23:00

休廊日:月~水曜

料金:入場無料

場所:IAF SHOP*

福岡市中央区薬院3-7-19 2F

TEL:090-5475-5326(佐藤)

http://iafshop.tumblr.com/


〇展覧会内容

長崎市在住の大澤弘輝による展覧会。

IAF SHOP*では初めての展示となる。

今回の展示は、周到な設計図やプランニングは存在していない。

全て循環する生活圏の中で発生し続ける様々な事象と、影響をモロに受けやすい私の資質が同化し、それらが起点となって制作されたものである。

上記の環境下で生まれた一見なんの脈絡もない種種雑多なものたちを寄せ集め、融合(ブリコラージュ)させることにより、新たな発見を見出す実験的な場であり、点と点を繋ぐ装置である。


〇作家からのコメント

シュルレアリスムの創始者であるアンドレ・ブルトンの著書「ナジャ」の冒頭に「私は誰か?めずらしく諺にたよるとしたら、これは結局私が誰とつきあっているかを知りさえすればいい、ということになるのではないか?」という文章が出てくる。

つまり私とは、私を取り巻く環境それ自体になるということであろう。

現に、流動しているそれと呼応するかのように常に変化する私の中の私からは一貫性などというものはいつのまにか忘却され、確固たる世界が存在しないように確固たる自分も存在しないのではないか、という不確かな感触に日々包まれている。

しかし、その中で唯一確かなことがある。それは「私が手を動かして作った」というただその一点のみであり、身体的行為そのものに私は歴然とした姿となって宿り、存在しているように感覚している。

----------------------------------



大澤弘輝展覧会『D2OKITTHJE』_f0190988_18220652.jpg







# by iaf_satokei | 2022-06-16 18:23 | Comments(0)

松﨑竜一作業中

松﨑竜一作業中_f0190988_21153455.jpg

IAF SHOP*「いたずらシリーズ」

松﨑竜一作業中


会期:2022年5月26日(木)~6月4日(土)

時間:15:00‐23:00

休廊日:月~水曜

料金:入場無料

場所:IAF SHOP*

福岡市中央区薬院3-7-19 2F

TEL:090-5475-5326(佐藤)

http://iafshop.tumblr.com/



先日からIAF SHOP*は松﨑竜一という画家の作業場として使われていて、彼はウチでは何度も展示したことがある作家で、今回はとにかく場所を使わせてくれということでとりあえず作品を公開するかどうかは関係なく作業してたけど、良い作品ばかりなのでやっぱりこれはみんなに見てもらったほうが面白いと判断してIAF SHOP*「いたずらシリーズ」として公開することに決めました。ただし松﨑竜一はもともと自分の空いてる時間に来て勝手に作業するつもりで始めたことなのでいつもいるとは限りません。最終日がいつもの日曜日ではなく土曜日なのにも気を付けてください。


松﨑竜一作業中_f0190988_21154200.jpg






# by iaf_satokei | 2022-05-27 21:17 | Comments(0)