うるさいギャラリー

DEADちゃんの脳内資産運用セミナー16@IAF SHOP*




f0190988_21582787.jpg




f0190988_21583834.jpg




いよいよ今週土曜日5月30日は「DEADちゃんの脳内資産運用セミナー16」の日です。常連さんはもちろん初めての人もどなたでもどうどお気軽に。

「DEADちゃんの脳内資産運用セミナー」とは、俺が思うに、世の中にはハッキリと誰にとっても素晴らしいというものの他に、何を褒めればよいのか良く分からないけど面白い、というものがあり、その優位性を具現化することに成功した希有な催しではないか。  ・・・・どうか?

あと詳しくはDEADちゃんブログ「半笑いの戦記」
http://dawaya71.blog28.fc2.com/
まで。できればブログ全体(前のエントリ)も読んでね。


★DEADちゃんの脳内資産運用セミナー16★

2015年5月30日(土)

開場19時 開講19時30分
入場無料(要1ドリンクオーダー)

以下主催者より。

まさかここまで世の中がおかしな具合になってしまうとは露とも思わなかった2008年の創業以来、一貫して「アングラ以上、サブカル未満」を頑なにキーポンし続ける(記憶の捏造)泡沫企画の金字塔、市内最強(推定)、県内有数(理論値)の実績を自負、というまるで突然街はずれに出現した変な名前のゴミ学校のようないかがわCプラスな勉強会が厄・七か月の漏電期間を経て通算16回目の開催決定!
今回も厄INもとい薬院のアートの少林寺三十六房ことIAF SHOP*にお邪魔してお届けするのは、驚愕の映像・珠惑の音楽と悪い意味で初心を忘れないたどたどしいボヤきで綴る忍耐と寛容の日帰り脳内研修(交通費無し)!
ゴールデンウィークで身も心もおサイフもスッカスカになったものの、どうにかこうにか持ち直してきた5月の終わり、お時間ありましたらお誘い合わせのうえで何卒。

奥さん!いつだってリハビリ!時代はパーシャル!
[PR]
# by iaf_satokei | 2015-05-25 22:00 | Comments(0)

江上計太秘蔵音盤聴取講座 @IAF SHOP* 第3回 「再発レーベル特集Ⅱ:EVA RECORDS」




IAF SHOP* 水曜講座案内
ギャミギャミ・エガミ秘蔵音盤聴取講座

第3回日時:2015年5月27日(水) 19:30~
「再発レーベル特集Ⅱ:EVA RECORDS」
受講料:500円(1ドリンク付)

江上さんの音楽講座始3回めです。

俺は第2回「コンピレーション・アルバム特集Ⅰ: "PEBBLES"シリーズを中心に」には所用があって参加できず、当日は代わりに生島くんが担当してくれました。なので生島くんにが気になった曲を挙げておきます。


Positively 13 O'Clock 「Psychotic Reaction」(1967)



T.C. ATLANTIC 「Faces」(1966)



The Inmates 「More Than I have」(1966 or 1967)



Phil & the Frantics 「I Must Run」(1966)



Dearly Beloved 「flight 13」(1967)



The Leather Boy 「Shadows」(1967)



The Id 「Boil The Kettle Mother」(1967)



The Groupies 「Primitive」(1965)





f0190988_22214823.jpg




f0190988_2222349.jpg




f0190988_22221676.jpg




f0190988_22222938.jpg




f0190988_22224398.jpg


[PR]
# by iaf_satokei | 2015-05-22 22:28 | Comments(0)

江上計太秘蔵音盤聴取講座! 第2回 「コンピレーション・アルバム特集Ⅰ: "PEBBLES"シリーズを中心に」



IAF SHOP* 水曜講座案内
ギャミギャミ・エガミ秘蔵音盤聴取講座

第2回日時:2015年5月13日(水) 19:30~
「コンピレーション・アルバム特集Ⅰ: "PEBBLES"シリーズを中心に」
受講料:500円(1ドリンク付)

江上さんの音楽講座始2回めです。どなたでもどうどお気軽に。
第1回の「再発レーベル特集Ⅰ:PSYCHO RECORDS」でかけた曲目とその中で俺が気になったものを載せておきます。


f0190988_1892495.jpg


f0190988_1894283.jpg



Oxford Circle 「Mind Destruction」


Help 「Do You Understand the Words」


ALAN FRANKLIN EXPLOSION 「Piece Of Your Love」
本当は「Bye Bye Baby」と「18:10 Minutes Of Unadulterated Rock」が良かったけど探しても見つからなかった。


Faine Jade 「People Games Play」


Yahowa 13 「Golden Sunrise」 - Across the Prairie (Fire,water,air Album with Sky “SunLight” Saxon Vocals)

[PR]
# by iaf_satokei | 2015-05-06 18:18 | Comments(0)

IAF SHOP*今週の営業時間と「山野真悟芸術選奨受賞記念パーティの2次会」のお知らせ




IAF SHOP*は今週は展示をやってないので木曜と金曜はお休み(いわゆる黄金週間休暇ってやつ)にさせてもらいます。
そして土曜日なんですが、IAF SHOP*の前身の「IAF芸術研究室」設立者の山野真悟さん(現在横浜在住、黄金町バザールディレクター)が先日「第65回芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門大臣賞」を受賞したということで、その受賞記念パーティの2次会をやることになってます。本チャンのパーティは立派な会場で行われるので、ウチでは軽ーく飲みながらゆるーくお祝いしようという会です。会費なしでつまみは大量の焼き鳥、ドリンク500円、話のネタになりそうなものをギャラリースペースのほうに準備する予定、となっています。
以下が正式な報道発表。
http://www.bunka.go.jp/ima/press_release/pdf/2015031201.pdf
[PR]
# by iaf_satokei | 2015-05-06 18:02 | Comments(0)

復活! 「江上計太秘蔵音盤聴取講座」



IAF SHOP* 水曜講座案内
ギャミギャミ・エガミ秘蔵音盤聴取講座

第1回日時:2015年4月29日(水) 19:30~
「再発レーベル特集Ⅰ:PSYCHO RECORDS」
受講料:500円(1ドリンク付)


江上さんがまた音楽講座やるよ。今度はとうとうアメリカに手を付けます。
まぁ下の文章読んでみてよ。そうとう気合入ってるのが分かると思う。いよいよトドメを刺されるのを覚悟したらしいです。
画像も貼っとくけどコピペできるように全文手打ちもしたのでテキストも載せておきます。
誰でも参加自由なので興味ありそうな人にはじゃんじゃん教えてあげて。




f0190988_058180.jpg


f0190988_058269.jpg



----------------------------------------------
久しく休止していた水曜音楽講座をこの4月末から再開します。主要な聴取対象は、60年代半ばから後半にかけてのアメリカのガレージ&マイナー・サイケデリック・ロック全般です。
今回のプログラムで聴取予定のオリジナル音源が録音された60年代当時、演奏していたバンドも製作販売されたレコードも共に、同時代的にはほとんど評価されることなく無視され、70年代にはすでにほぼ完全に、ロック史上に全く何の跡形も残すこと無く忘れ去られていたのです。おそらく、70年代後半に生じたパンク・ロックの胎動が、それ以前と以後とを大きく画するようなロック史上最大の断裂効果をもたらし、その後のニューウェイヴ、オルタナティブ・ロック・シーンを先導すると同時に、10年以上前も自らに先行する60年代の忘れ去られたロック鉱脈の歴史的回顧・復活・再生への活路を開いたのです。
そして80年代に入ると、レコードもしくはCD再発(未発表、未知音源の発掘を含む)という形で、一端は忘却されたガレージ&マイナー・サイケ・ジャンルの発掘作業が本格的に開始されることになるのですが、とにかくアメリカは広大で、その無尽蔵な鉱脈の採掘作業は、その後30年以上にわたって途絶えることなく熱心に続けられてきたにもかかわらず、現在に至ってもなお未完のままで、更に今後も無数の未知の音源、バンドが亡霊のようによみがえり続けるのだろうと思われます。
今回のプログラムでは、数年前に同じジャンルを対象にして小倉のギャラリーSOAPで開催された『STUDY PSYCHEDELIC GARAGELAND #1~#10』での経験を下地にして、全体を前期、後期に二分して構成されており、この無尽蔵のジャンルに対して前回より多少とも詳細かつ総括的なアプローチを目指しています。前半(10回予定)のプログラムは、この忘却されたロック鉱脈に対するリヴァイヴァル・ムーブメントを80年代初頭から最も早期に起動させ、その後の動勢を先導したいくつかの重要な老舗再発レーベル、および初期のガレージ&サイケデリック・コンピレーション・アルバムにスポットを当てた構成になっています。後半(20回予定)のプログラムは、アメリカの広大な国土そのものがはらむ多様な地域差と独自のローカル・ロック・シーンに着目することで、そのコンテクスト全体のアナーキーな無尽蔵さそのものに迫りたいと思います。
----------------------------------------------
プログラム
《前期》
1.再発レーベル特集Ⅰ:PSYCHO RECORDS
2.コンピレーション・アルバム特集Ⅰ:
 "PEBBLES"シリーズを中心に
3.再発レーベル特集Ⅱ:EVA RECORDS
4.コンピレーション・アルバム特集Ⅱ:
 "BACK FROM THE GRAVE"シリーズを中心に
5.再発レーベル特集Ⅲ:CICADELIC RECORDS
6.コンピレーション・アルバム特集Ⅲ:
 マイナー・サイケデリック・コレクション傑作選
7.再発レーベル特集Ⅳ:VOXX RECORDS.etc
8.コンピレーション・アルバム特集Ⅳ:
 初期ガレージ・コンピレーション傑作選
9.60年代当時のオリジナル・ローカル・ガレージ&サイケ・レーベルについて
10.アメリカン・サイケデリック・マイナー・スター
 スカイ・サクソン、ロッキー・エリクソン、etc

《後期》
1."サンフランシスコ・サウンド"について
2.ロサンゼルス中心のフォーク・ロック・シーン
3.その他西海岸のガレージ&サイケ・シーン
4.テキサス周辺のガレージ・パンク・シーン
5.テキサス周辺のサイケデリック・ハード・ロック
6."ボスタウン・サウンド"について
7."ニュー・イングランド・ティーン・シーン"について
8.ニューヨーク:ESP DISKロックアルバム篇
9.ニューヨーク周辺の実験的サイケ・シーン
10.デトロイト周辺のガレージ&サイケ・シーン
11.シカゴ周辺のガレージ&サイケ・シーン
12.ミネアポリス周辺のガレージ&サイケ・シーン
13.シアトル周辺のガレージ&サイケ・シーン
14.フロリダその他のローカル・シーン
15.アシッド・フォーク&カルト・サイケ
16.70年代のマイナー・サイケデリック・シーン
17~20.は未定の補足プログラムで構成
[PR]
# by iaf_satokei | 2015-04-25 01:00 | Comments(0)

「写真同人誌九州Ⅱ」 刊行記念写真展 「九州三県境」福岡展


今IAF SHOP*で開催中の写真展のパーティ&トークが明日18日土曜の夜7時から行われます。
この展示は正に「写真の人」がやってるって感じで、もしかしたらIAFではそれは初めてのことかもしれないです。きっと写真という表現形式の中で出来ることを真っ当にやろうとしている人たちなんだと思います。何というか、真面目です。俺はもう少し乱暴なものが好きなのでそのことも含めて作品に対して俺が持った感想は先週本人たちに直接伝えたけど、その後の明日のトークのための打ち合わせの時の雰囲気とかも今までにない感じだったのでそれが何だか新鮮で逆に面白いと思ってます。明日は内容の濃いちゃんと真面目に聞けるトークになるはず。勉強になればいいなぁ。
パーティのほうのおもてなし料理は、今回の写真作品のテーマが“九州三県境”なのでそれにちなんだ料理を何か作ろうと考えあぐねた結果、田舎料理の代表であろうということで何と「味噌田楽」を作ることにしました。今までパーティの度にいろいろ作ってきたけど、これはさすがに生まれて初めて作る料理です。頑張って出来るだけ美味しくしますので、お時間ある人は是非ご参加ください。

----------------------------------


f0190988_12291.jpg


「写真同人誌九州Ⅱ」 刊行記念写真展 「九州三県境」福岡展

作家名:松岡美紀/内田芳信/尾崎雄弥
期 間:2015年4月9日[木]-4月26日[日]
休廊日:月・火・水曜日休廊
時 間:木・金18:00-23:00 土・日13:00-21:00
料 金:無料
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)
http://iafshop.tumblr.com/

◎展覧会内容
福岡在住の写真家、松岡美紀、内田芳信、尾崎雄弥からなる写真出版レーベル「写真同人誌九州Coterie Photo Magazine KYUSHU」から写真誌の第二弾「写真同人誌九州Ⅱ ~九州三県境~」が3月1日に刊行された。それにともない刊行記念写真展を行う。
「九州三県境」とは九州で3つの県に跨る県境をさし、それは三ヶ所存在する。3人がそれぞれ三ヶ所に分かれ、各々の感性で撮りおろした「九州三県境」の写真を展示。会場内では同写真誌も販売する。
また、4月18日(土)にはこのレーベルが今まで行ってきた活動を振り返るトークショーも行う。

◎関連イベント
4月18日[土]19:00よりアーティストトーク&「写真同人誌九州Ⅱ」刊行記念パーティ。
参加費700円(1ドリンク・軽食付き)
----------------------------------
[PR]
# by iaf_satokei | 2015-04-18 01:04 | Comments(0)

西嶋昭二郎半生回顧展





f0190988_18465470.jpg




西嶋昭二郎半生回顧展

作家名:西嶋昭二郎
期 間:2015年3月19日[木]-4月5日[日]
休廊日:月・火・水曜日休廊
時 間:木・金18:00-23:00 土・日13:00-21:00
料 金:無料
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)
URL:http://iafshop.tumblr.com/

◎展覧会内容
西嶋昭二郎33歳の半生回顧展。ごく真面目で普通のローカルな人物。絵を描き、展示をして33年。彼の人生のエピソードや作品の移り変わりの様々を展覧会として作り上げる。
今回の展覧会は作品を見てもらうものではあるが、作家の出生から現在までの歩みを共に展示し、西嶋昭二郎という人物の半生を同時に鑑賞するという形式である。何を作ったのか。誰が作ったのか。作品と作家の両面を見ることができるものとなる。
彼の人生はきっと普通の人生であるが、共感するところ、驚くこと、他人にとっては別にどうでも良いことなどがあるだろう。初めて知る人物。初めて見る作品。そこであなたは何を感じるだろうか。

◎関連イベント
4月4日[土]19:00よりクロージングパーティ。
参加費700円(1ドリンク・軽食付き)
----------------------------------


今IAF SHOP*では「西嶋昭二郎半生回顧展」という展覧会を開催中です。先週から始まってそれなりに面白いと評判です。来週4月5日の日曜日までやってますのでお時間ある人は是非見に来てください。最終日の前日4月4日土曜の夜にはクロージングパーティもやります。今回のパーティのおもてなし料理は西嶋くんが一番好きなものということで「普通のカレー」です。きっと本人が真心こめて作ると思うので食べに来てください。参加費700円1ドリンク付です。

以下、俺なりの感想です。


f0190988_18472963.jpg




f0190988_18475088.jpg




f0190988_1848542.jpg




この展覧会は反則といえば反則だろう。ギャラリースペースの中は文字だらけで絵に集中できないし、撮影禁止なので会場風景をここに載せることもできないし、おまけに満足度調査なんていう変なこともやってるし。実際に会場の中で見てる時はいろんなものが面白いのであんまり感じないけど、冷静に考えると普通の絵画展ではやらないことをあえてやっているということが分かる。これは普通に作品を見てもらうのではなくて、ちゃんとした意図を持って“展覧会を作る”ということをやっている、ということで、でも西嶋くんらしく天然なところも存分に発揮されていて、きっと本人的にも難しいことを考えてこうした訳では無くて、ただ面白いことをやってみようという気持ちから出てきたものだろう。だから戦略的な感じが全然しなくて見るほうも気兼ねなく面白がることができる。だからこれは良い展覧会である。

これはフリースペースのほうにある今回唯一じっくり見れる絵画作品。

f0190988_18485816.jpg




[PR]
# by iaf_satokei | 2015-03-28 18:53 | Comments(0)

「IAF SHOP*通常時の展示第一弾」終了のお知らせ




“IAF SHOP*が正式な展覧会で埋まっていない時にサトーが見たいと思ってる人の作品を展示してみる”のコーナー、けっこう長くなったけど今週日曜15日で終わりとなります。
多くの人に見てもらっていろんな反応もあって嬉しいです。
あと2日で終わりだしこの展示はいつもとは違うのでネタばれになりつつも俺なりの感想のようなものをつらつらーっと書いてみます。ギャラリースペースに入って普通に見たらこの順番だろうということで、その順番通りに書きます。


-----------------------------------


f0190988_1583660.jpg




f0190988_1585414.jpg


中尾葉子
彼女は前にシゲキバというギャラリーでやっていたグループ展のトークイベントでちょっとだけ話したところを見たことがあって、その時彼女は「私は自分が豊かになりたいという気持ちで作品を作っている。そしてできれば見た人にも豊かになってもらいたいと思って作っている。」と言った。胸を張らずに自信なさそうに言った。その時俺は何だかすごく嬉しくなって、それからいつかちゃんと話したいなとずっと思っていた。
それで今回初めて声をかけて作品を展示させてもらったワケで、そして少し話もすることができた。今回の作品は前に展覧会をやった時のイベントでライブでその場にいたお客さんを描いたものということなのでちょっとイレギュラーではあるかもしれないけど、十分に彼女の特性を表した作品だと思うし、シゲキバで見た作品と大きくその印象が違ってはいないので、作品と作家本人について話すのに適していないということもないだろうと思って今俺が感じている美術家としての中尾葉子のことを感じるままに話してみた。要はまだまだ先に行けるだろう、もっと良くなるはず、自然に変わっていってほしい、ということだけど、そんな話を二人とも何故かドギマギしながら喋った。俺はもっと彼女の作品が力強くなることを願う。見た人が満たされた気持ちになるよりも自分からさらなる豊かさを渇望するような能動的な鑑賞者を生み出す作品を作ることを望む。


-----------------------------------


f0190988_1591837.jpg




f0190988_1594447.jpg


生島国宜
この作品は2年ほど前に描いてまだ公には人に見せたことが無い作品だということだが、俺は搬入の時にこれをさらっと見てもしかしたら今までで一番好きかもしれん、と感じた。そして次の日にじっくり見てやっぱりそうだと思った。

先週の土曜日の夜中に「生島くんの作品の良さを言葉にするとしたらどうなる?」という話になった。それで俺はじっくり考えた。数分は考えた。みんなはもう別の話に移ってしまっていてタイミング的にはかなり変ではあったが、しかも結局言葉では伝えられなかったが、こんなふうに言った。
「生島くんの作品にはいろんなものが入っている、例えば美術家特有の自意識も、自意識との葛藤も、伝えたいことも伝えるべきことも、美術が持つ豊穣な歴史も、そういうものに対する自覚的な態度も。でもそれが画面のどこかに固定されたイメージとして現れてるわけじゃなくて、微粒子のようになって画面全体を覆っている。そんな作品を受け取る時に俺に起きるのは、描かれているものが一回空間に拡散して体のいろんなところから入ってきて脳に伝わって再構成されるような体験、のような感じ。この感覚を俺に持たせてくれる作家は他にはちょっと思い浮かばない。もちろんいろんな作家が独特の作用を俺に与えてくれるけど、この感覚は俺のすごい好みのもの。」

みんな「分かりにくいけど、分かるよ。」


-----------------------------------


f0190988_201399.jpg




f0190988_203297.jpg




f0190988_204930.jpg


志久浩介
俺はこの展示が始まった時に、「これ見に来たほうがいいよ。印象の向こう側に連れて行ってくれるよ。」と書いたけど、それはこの志久さんの作品を指して言ったことで、これほどじっくり見れる機会が今まで無かったのが残念だと思った。印象の向こう側に行って一周して戻ってきた時にはもう今までとはまるで違っている、そんな作品がここにあることに感動する。
特に本がひとつのモノとして作品となったシリーズは素晴らしいと思う。ページをめくるのが本当に楽しい。

ここで少し話をそらす。的外れで全然関係ない話かもしれん。
一昨年、江上茂雄という百歳を越える絵描きさん(実はこの後出てくる江上計太のお父さん)が注目を集めた時に、この年まで地味に描き続けたことを誉めたり、人生の最後に賞賛を浴びてまるで全てが報われたかのようなことを言ったり、果ては誰かがこの人のことをもっと早く見つけていればというような台詞まで聞こえてきたけど、今この時にもそんな世間から見つけられずにいる作家がたった一人で地味に身を削りながら作り続けているかも、という想像力を持つことの大事さを教えてくれた、という一面があったと俺は思っている。何でもかんでも美談にして何かをごまかすのはやっぱり良くないよ。


余談を無理やり元に戻すと、志久さんはモダンアートの人なので猥褻なイメージを使っていてもエロくないと思い込んでたんやけど、印象の向こう側を浮遊している時に「これってエロじゃん!」という瞬間があったことをここに記しておきます。


-----------------------------------


f0190988_213826.jpg


江上計太
江上さんには有名な“サイケデリック・バロキズム”という作品のシリーズがある。その作品の小さいバージョンなら新品のまま家にあるのではないかと思ってそれを貸してくれとお願いした。最初はそれを持ってきてくれるということだったけど、「あの作品を今出すのは違う」と急に言い出して江上計太的ガレージ平面作品がやってきた。これは8年くらい前に作られた作品で江上さんが本気でガレージガレージ言い出した頃のもの。江上さんも持ってきた時には「何でこんなものを作ろうとしたのか分からない」と言ってたけど、3週間も展示されていると逆に自分の変遷を客観的に見渡すのに良かったみたいで、持ってきた時ほど否定的ではなくなっている。やはり作品は人目にさらすことで作家自身にもいろんな効果があるものだ。今思い出したけどその頃江上さんが言い出した“アジアのモダニズム”という概念は今だに俺と江上さんが毎週土曜深夜に言い争う時のテーマとなっている。
ちなみに作品は今の江上さんなら絶対に作らないであろう緻密な理念と計算された画面構成と徹底した手仕事が全開で、具体的にはマイナーなガレージバンドのレコードジャケットふたつをアースワークで有名な現代美術家ロバート・スミッソンの“突堤”が繋ぐ、という非常に微妙な感想を強いられる強迫的なものです。

江上さん曰く「スミッソンはガレージの可能性がある」
[PR]
# by iaf_satokei | 2015-03-14 02:12 | Comments(0)

「IAF SHOP*は通常営業がスゴいんじゃないかぁ?」



「IAF SHOP*は通常営業がスゴいんじゃないかぁ?」
・・・・・というワケで今週から正式な展覧会が入ってない週が続くので、こういう機会に飾ってみたいなと思ってた作家4名に作品をお借りしてギャラリーに展示してみました。

生島国宜
江上計太
志久浩介
中尾葉子

これ見に来たほうがいいよ!
見るということを鍛えられるよ!
印象の向こう側に連れて行ってくれるよ!

今展示作業終わらせて帰ってきたばっかりなので少ーし興奮してるけど、時間作ってでも来てほしいと思ってます。

ちなみに今週からの通常営業の営業時間は、
木・金18:00~23:00
土曜日18:00~誰もいなくなるまで
日曜日13:00~18:00
です。




f0190988_2357564.jpg


写真はチラ見せくらいにしたかったけど展示があまりにもどーんとしてたのでついきっちり載せてしまいました。後日また少し載せます。
[PR]
# by iaf_satokei | 2015-02-19 00:02 | Comments(0)

君のことが気になって仕方が無かった。


当たり前やろ! 絶食して水しか体に入れず声も発せずに数日を過ごしてる人がずーっと同じ空間にいて、しかも土の中に埋もれて長時間動かなくなったり、おもむろにゆっくり動き出したり、気にせずにいられるか!


・・・・・さて、少し遅くなりましたが先日まで行われていた渡邊瑠璃の展覧会「樹の尾をもつ金色さかな/それを食う黒い鳥」が無事に終わったことをここにご報告します。
彼女の体調を気遣ってくれていた人もいましたので、問題なく(思ったよりずっとしっかりしていました)終了したことをお知らせしておきます。そこに居た数人の静かな拍手の中、すーっと終わりました。


人がいっぱいでワイワイしているけどみんなが気にしている状態、数人が無言で彼女を見つめている状態、誰も来てなくて二人っきりの状態、俺にとってもなかなか経験できない時間を過ごさせてもらいました。

展示空間としてもとても良かったと思います。
絵の内容は完全に個人的なことだったけど筆跡から感じるものが強くありました。会場にあった詩のような言葉もこの展示には絶対に必要なものだったと思います。「樹の尾」の部分にあたる大きな木の枝も良くできていました。全体の展示も、彼女がいる場所の作り方もそこにあるものも、やりたいことが空回りせずにうまく表されていてとても良かったと思います。

あと、3日目の朝方、何故か自分の家でぬくぬくと寝ていた俺が嫌な夢を見てうなされて飛び起きたこともご報告しておきます。





f0190988_2324349.jpg




f0190988_23243494.jpg




f0190988_2324487.jpg




f0190988_2325263.jpg




f0190988_23253152.jpg




f0190988_23254830.jpg




f0190988_2326021.jpg




f0190988_2326114.jpg




f0190988_23262452.jpg




f0190988_23265928.jpg




f0190988_23271035.jpg


[PR]
# by iaf_satokei | 2015-02-04 23:38 | Comments(0)

「樹の尾をもつ金色さかな/それを食う黒い鳥」途中経過





f0190988_11402897.jpg


f0190988_11404342.jpg









f0190988_11411948.jpg




f0190988_11413028.jpg




f0190988_11414543.jpg




f0190988_1141592.jpg




f0190988_11421590.jpg


[PR]
# by iaf_satokei | 2015-01-31 11:46 | Comments(0)

樹の尾をもつ金色さかな/それを食う黒い鳥



f0190988_22251814.jpg




今週のIAF SHOP*にはいよいよあの人が登場します。
あの人といっても誰なんだって感じでしょうが、去年から注目しているアートスペース『三樹荘』の代表、渡邊瑠璃です。
みんなあんまり気が付いてないかもしれんけど最近現れた作家の中では一番危険かもしれない人です。
IAF SHOP*は落ち着いた日々が一定の期間過ぎると次は必ず本気でイノチガケの作家が現れて、その度に俺は身が細る思いをさせられながらその作家と付き合うんですが、今回もそんな緊張感と未知なる刺激を与えてくれそうな予感とともに展覧会の準備を見守っています。


f0190988_22253115.jpg


会期が4日間だけと短いうえにパーティ等のイベントもやりませんので(そういうことができるような状態じゃないかもしれないのでやめました。)忘れないようにお願いします。
本人のコメントはさっぱりしてますが、そんなもんではないような・・・・、


----------------------------------
樹の尾をもつ金色さかな/それを食う黒い鳥

作家名:渡邊瑠璃
期間:2015年1月29日[木]-2月1日[日]
時間:木・金18:00-23:00 土・日13:00-21:00

四日間通しのパフォーマンス的なことをします。あわせてドローイングも展示します。

料金:無料
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)
作家HP
http://ruriwatanabe.com/
ART HUB 三樹荘HP
http://mikiso-project.jimdo.com/
----------------------------------
[PR]
# by iaf_satokei | 2015-01-27 22:27 | Comments(0)

蝉とAnla Courtisの音源を貼ってみました。

ライブ本番は16日20:00から。@IAF SHOP*


f0190988_2229562.jpg


蝉のHP
http://sound.jp/cicada/

蝉の音源(30分あるけど聴いてほしい)
https://soundcloud.com/psemi/2005-01


Anla Courtisの動画2つ。




[PR]
# by iaf_satokei | 2015-01-14 22:42 | Comments(0)

Anla Courtis LIVE! w / 蝉 / 蹂躙


今頃になって今年初めての更新になるけど、みんな明けましておめでとう。
今年もがんばっていきまっしょい。

今年は1月から展示をやってないので今年最初のIAF SHOP*は音楽イベントでスタートです。
このライブは本当にオススメで、南米アルゼンチンからアンラ・コーティスさんがやってきて、福岡からは蝉と蹂躙という俺が大好きなバンドが出ます。

-------------------------------------------------------
Anla Courtis LIVE! w / 蝉 / 蹂躙


f0190988_2225141.jpg


南米アルゼンチンの伝説的な実験音楽グループ「Reynols(レイノルズ)」の事実上の“バンマス”にして、世界中でソロ活動を展開する音楽家のアンラ・コーティスが、地球の裏側より福岡にやって来る。
http://en.wikipedia.org/wiki/Anla_Courtis
http://www.discogs.com/artist/218800-Anla-Courtis

2015年1月16日[金]
Open 19:00 / Start 20:00
料金:1500円(+1drink order)

出演:
Anla Courtis (Argentina)

蹂躙

会場:IAF SHOP*
福岡県福岡市中央区薬院3-7-19 2階
電話:090-5475-5326 (担当サトウ)

-------------------------------------------------------

素晴らしい音楽というのは細胞に染み渡って栄養になっていくような、後々まで音が体に残るものだと思うけど、この3組はどれもそんな体験をさせてくれる人たちです。
特に今回は蝉がIAF SHOP*に出るということで、IAF SHOP*を知ってる人は分かると思うけど、ウチはとても普段の蝉の轟音を鳴らせるような設備の場所じゃないのです。なので通常とは違う小さめの音の非常にレアな蝉が見れることになります。ギターの岡崎さんのライブ告知には「1月16日 @IAFSHOP 蟬(弱音)」と書かれていて、よわねって? あぁ“よわおと”かぁ~と思った次第であります。
あと蹂躙についても少し。福岡在住の外国人3人(Shayne Bowden、Matt Richelson、Benjamin Koenig)によるエクペリメンタルフォークグループ。感覚に直接作用してジワリジワリと効いてくる微音のサイケデリック・ノイズ。俺はベンさんが参加してからはまだ見ていないので3人組の蹂躙を見るのもすごく楽しみです。
みんな友達誘って聴きに来てね。全ての出演者が気持ちのいい音を出す、すごく贅沢な時間になると思います。


IAF SHOP*の場所です。

[PR]
# by iaf_satokei | 2015-01-13 22:28 | Comments(0)

「あのアレのあの色」クロージングパーティ&IAF SHOP*忘年会






いよいよ今度の日曜でIAF SHOP*の今年の展示はすべて終わりです。今年もいろいろあって良かったです。
今は伊井沙織さんが生まれて初めての展覧会を開いていて、初めてなりに頑張ってるなぁっていうのが俺の感想。展示内容は写真が主で少しだけ刺繍作品。刺繍については俺はよく分からんけど写真作品は面白いです。自己顕示欲はまったく感じさせないのに主張とかこだわりが見る人に届くというのはとても素晴らしいことじゃないでしょうか。
一番下に展示の様子を載せるけど20日の土曜日にはクロージングパーティをやるので良かったらその日にでも直接見に来てください。今年最後のパーティは伊井さん考案の餃子鍋で締めることになりました。どなたでもお気軽にご参加ください。

----------------------------------
あのアレのあの色


f0190988_2393278.jpg


作家名:伊井沙織
期 間:2014年12月4日[木]-12月21日[日]
休廊日:月・火・水曜日休廊
時 間:木・金18:00-23:00 土・日13:00-21:00
料 金:無料
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)

◎展覧会内容
服を作ったりリペアする仕事をしながら、気になる風景や楽しい瞬間を写真に残してきた伊井沙織による生まれて初めての写真展。
写真をそのまま見せるわけではなく、普段から馴染みがある刺繍を施した布作品と一緒に展示することで、見る人によりいっそう物語を想像してもらえるような会場構成となる。

◎関連イベント
パーティ:12月20日[土] 19:00~ IAF SHOP*忘年会を兼ねたクロージングパーティ。
参加費700円(1ドリンク・軽食付き)
----------------------------------




f0190988_2310321.jpg




f0190988_23101521.jpg




f0190988_2310265.jpg




f0190988_23103989.jpg




f0190988_23104970.jpg




f0190988_2311150.jpg




f0190988_23111863.jpg


[PR]
# by iaf_satokei | 2014-12-17 23:13 | Comments(0)

art team00 exhibition





f0190988_105665.jpg




f0190988_11826.jpg




f0190988_102691.jpg




f0190988_113175.jpg



先週からIAF SHOP*で開催中の展覧会は、2000年に九産大に入学して今は32歳になった昔の仲間たちが10年ぶりに再会し、お互いの現在地を確認しあうという主旨の展覧会です。
この7人がこれからどういう関係を築いていくのか、スタート地点としてのIAF SHOP*。ここから何かが始まるといいね。
写真を少しだけ載せたけど、もっと実物に近づいて見たい、という人は直接会場まで足をお運びください。
なお、今度の日曜日23日は作家もみんな集まってのパーティの日です。いつもウチのパーティは土曜の夜にやってるんやけど、今回は日曜日でしかも昼間っから始めます。次の日も休日なのでずーっとやってるので展示見たい人は是非この日にどうぞ。俺は前日からおでんでも仕込むことにするよ。


art team00 exhibition

作家名:team 00
期 間:2014年11月13日(木)-11月30日(日)
休廊日:月・火・水曜日休廊
時 間:木・金18:00-23:00 土・日13:00-21:00
料 金:無料
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)

◎展覧会内容
時は2000年、九州産業大学芸術学部。一瀬 欽司、竹田 拓司、鶴井 賢吉、西嶋 昭二郎、林 清志郎、樋口 師寿、渡邉 真衣は同じ大学同じ学部に入学。
4年間を至って普通に元気よく不真面目に過ごす。
大学を卒業後10年経って再会、各々いまだに表現活動を行っている事を知りチーム結成。
そんな7人の10年を濃縮したグループ展。

◎関連イベント
パーティ:11月23日(日) 14:00~
参加費700円(1ドリンク・軽食付き)



f0190988_131353.jpg


[PR]
# by iaf_satokei | 2014-11-20 01:07 | Comments(0)

capture ● あんぐら




今週のIAF SHOP*は展示はやってないです。でも土曜日に気になるイベントが入ってます。
IAF SHOP*ではもう何度か主催でイベントやってる中村勇治さんが、今回もちょっと変わった、というか正直興味深いメンツで音楽イベントをやります。
俺のイメージでは全体的に物語性の強い人たちが集まってるような気がします。それぞれの世界観を見せてもらおうと今から楽しみです。




f0190988_23523389.jpg




f0190988_235242100.jpg




capture ● あんぐら

◆出演
トワトワ座
垣内美希+林田裕生
OGA+中村勇治
◆日時
2014年11月8日(土)
open:19:00/start:19:30
チャージ:¥1,000+1drink order

◆プロフィール
◯トワトワ座
白水マサキ、カタギリアヤ
多彩な要素を取り入れた曲に、谷崎潤一郎や江戸川乱歩的世界に傾倒した歌詞をのせた、独特の世界を築くギターと歌、語りなどによるデュオ。
舞踏家とのコラボレーションなど、音楽の枠に囚われず活動を展開。2009年、2度に亘って江戸川乱歩をモチーフに文学・音楽・舞踏・ファッション・空間美術を融合したイベント「乱歩ナイト」をプロデュース。翌年には、小泉八雲の怪談作品の朗読やライブ、舞踏等を交えた乱歩ナイトに続く音楽と文学のイベント「く・わいだん」を開催。
http://towatowa.nobody.jp/

◯垣内美希+林田裕生
垣内美希(舞踏);1998年表現集団万華鏡に入団し山野井清仁に師事。2000年に退団しフリーでライブ活動を展開。自分のからだの実感を通して世界と対話し、正直で誠実な踊りを心がけている。
http://kakiuchi-miki.seesaa.net/
林田裕生(electronics);フォーカシングを音楽に応用し、フェルトセンスに響く感覚を電子楽器で表現するスタイルで様々なジャンルのアーティスト達とセッションを通じて交流する。

◯OGA+中村勇治
OGA(書道): 宗像市在住。書道パフォーマンスユニットLOVE CRUのメンバー。書字の摩擦を通じて広汎と停留の感覚を楽しむ。
http://ameblo.jp/oga-ransonai/
中村勇治 (Bass Clarinet);福岡市在住。即興演奏を中心に多種多様な表現者(音、踊り、美術、書など)との共演を積極的に展開している。capture主宰。
http://capture.nakamurayuji.com/

問い合わせ;
中村勇治
070-5400-1965
capture@nakamurayuji.com
[PR]
# by iaf_satokei | 2014-11-06 23:53 | Comments(0)

「福岡アジア美術ふたりエンナーレ2014」総括&Halloween大パーティ報告


今日は展示をやってないIAF SHOP*に行って一人で床に寝転がって銀色じゃなくなった天井、継ぎはぎだらけに戻った天井を見ながら先週までのことを思い返していた。総括っていうと大げさやけど福岡アジア美術ふたりエンナーレ2014の期間中にあった出来事はあのまま通り過ぎるにはもったいないことのような気がするので、少し遅くなったけど書いてみたいと思う。最終週のことはみんなあんまり知らないと思うので、何が起こったか知ってもらいたいというのもあります。
今振り返ればこの展覧会は浦川大志のためにあったようなもんで、IAFに馴染みのある人は俺に会うとみんな「浦川くんはどんな感じ?」って聞いてきてた。きっと生島国宜という手強い相手とやってるというのもみんながそう聞いてきてた中には含まれてたんだろう。
週ごとの感想の時も書いたけど最初は生島くんの一人勝ち状態で、3週目くらいに浦川くんが少し盛り返したっていう感じ。その時の浦川評価はよく持ち応えてこれだけ作ったね、という意味でけっこう好評価だった。ただし生島くんはそれをじーっと見ている状態で、今考えれば最終週のプランを練ってたのかもしれないなと思う。4週目は前の週の続きな感じで、その土曜日には俺のトークもあって、来た人からも良い展示だと言われていたのを聞いた。
そしてやってきました最終週。主導権を浦川くんに渡して3週目の出来事です。
まず写真を載せよう。


f0190988_22423834.jpg




f0190988_22425567.jpg




f0190988_2243895.jpg




f0190988_22432431.jpg


木曜日、俺が行った時の様子。
浦川作品がきちんと展示されていたギャラリーがぶっ壊されていた。もちろん生島国宜の仕業である。
さらに自分が持ち込んだものを今から全て持って帰ると言っている。これは考えていたであろう最終週のプランも放棄したということである。
さすがの俺も動揺した。
理由を聞いてみると「浦川がまったく先週と同じ心持ちで展示を作っているのが許せなかった。俺と一緒にやってるのに安心してもらっては困る。こういう場合は話をするより行動で見せたほうが早い。」とまったくの冷静なご様子。もちろん他にも話したけど要約するとそういうことで、おかげで俺もいろいろ考えることになった。一番に浮かんだのはもし壊してなくて浦川くんがやったそのままの展示だった時に、俺はそれに対してそこまで批判的になれただろうか、ということで、生島くんの思いに対して俺も甘かったという反省だった。そして次に思い浮かんだのが前の週にやった俺のトークで、俺は俺なりに伝えたいことを真剣に話したつもりだったし、その中で生島くんが前に起こした事件「Guardians of the art」の映像も流したのに、一番そばにいる浦川くんにもそのリアリティがちゃんと伝わっていないということだった。

そしていつものように俺は思う。
アートに真剣に向き合うということはホントに大変なことだなぁ。でもまぁ希望は捨てないでおこう。だってこの状況そのものが自分の成長のための栄養になるんだから。


f0190988_22442848.jpg


その時のフリースペースはこんな感じ。ものがほぼ無い状態でも生島くんはかっこよく作っていた。ギャラリーのほうもよく見ると感情にまかせてぶっ壊したのではないのが分かったよ。

そしてまぁ次の日。
前の日はあんまりな状況を見てしまって一人になりたかったらしくすぐ帰った浦川くんやけど、徹夜で考えてすぐ次の行動に出てました。
ここからは浦川くんが今作りたいものを作り、俺は俺なりにそれを見て批評するという通常の展示状態に立ち返ることが重要で、結果あまり俺の好きなタイプの作品ではなかったけど、出来が良いとか悪いではなくてちゃんと自分と向き合うことを始められたきっかけとして浦川くんにこの展覧会が位置づけられればという願いで彼を見てました。
IAFに来ている人は冗談ばっかり言ってる人が多いけど、その中に本気が混ざってるので面白いんだと思うよ。


f0190988_22461413.jpg




f0190988_22462927.jpg




f0190988_22464119.jpg




ちなみこの日はIAF SHOP*恒例Halloween大パーティの日。
生島くんは端から来ずに、浦川くんはとてもそのテンションじゃないから帰り、両作家なしで行われた大が付くにはこじんまりしたハロウィンパーティ。でもね、やっぱり楽しいんだなこれが。なんだかんだ言って今年も盛り上がりました。ていうか相変わらず濃かった。厳選した写真を何枚か一番下に載せます。

んでまぁ最後の週末。
土曜日には生島、浦川両名がちゃんと顔を合わせ、二人で話し、二人展なんだから二人で終わらせようということになり、展示の良し悪しは別にして見事な大団円を迎えることができました。


f0190988_22481991.jpg




f0190988_22483055.jpg




f0190988_22484777.jpg




f0190988_2249350.jpg


みなさんありがとうございました。

もともと展覧会の概要に「全体が流動していくような空間を展開する。」と書いてあったワケで、だからといって意識も揺り動かされるようなここまでの事が起こるとは思ってなかったけど、このIAF SHOP*という小さなギャラリーが果たす役割は、他の場所では通用しないかもしれないけど、やっぱりこういうことだと改めて思った次第であります。トークの時の締めの言葉も「もうちょっとがんばってみます」だったわけやし、まぁ何とかなるやろ。


最後はお楽しみのハロウィンの写真。

マティアス。かっこいい。

f0190988_22514282.jpg




名前は言えません。死んでから25年だそうです。ただコワイ。

f0190988_2252954.jpg




この方も名前は言わないほうが良いような。でもカワイイ。

f0190988_22524069.jpg




事ここに至っては名乗る必要もないでしょう。

f0190988_2253347.jpg


[PR]
# by iaf_satokei | 2014-11-06 23:06 | Comments(0)

パーティ企画:IAF SHOP*恒例Halloween大パーティ



現在IAF SHOP*で開催中の生島国宜と浦川大志による「福岡アジア美術ふたりエンナーレ2014」もいよいよ今週で終わりです。この最終週の今週金曜日10月31日は「IAF SHOP*恒例Halloween大パーティ」をやります。IAF SHOP*が1年で一番能天気になる日。このイベントはもう5回目になるのかな。毎年みんな大変な準備をして大騒ぎしてます。だれでも参加自由なのでお気軽にどうぞ。とりあえず一番下に俺のお気に入りの写真を2枚だけ貼っておきます。

パーティ企画:IAF SHOP*恒例Halloween大パーティ
10月31日[金] 20:00~ 参加無料

さて、4週目の感想です。広いほうのスペースも浦川くんがほぼ全権を持って展示・配置した週です。生島くんは細かいところにいろいろ仕掛けて、新たにギャラリースペースのほうに言葉を持ち込んでいます。これはこの展覧会で初めての生島国宜が作ったものということになります。
あと、先週土曜日の俺のトーク企画に来てくれた人たち、どうもありがとう。
俺と一緒にIAF SHOP*を始めたマツモトアヤジが来て、しかもまったく前のまんまだったのがサプライズでした。


先週木曜金曜と土曜の昼間まで。

f0190988_0433011.jpg




f0190988_043535.jpg




これはトイレの天井。

f0190988_0441221.jpg




これが日曜。

f0190988_0442478.jpg




f0190988_0444184.jpg




f0190988_0445159.jpg




これが過去のハロウィンパーティでの俺のお気に入り。

f0190988_0451734.jpg




f0190988_0452934.jpg


[PR]
# by iaf_satokei | 2014-10-30 00:54 | Comments(0)

トーク企画:サトウは何故IAF SHOP*10周年を祝わなかったのか。



今週土曜日10月25日は福岡アジア美術ふたりエンナーレ2014の会場内で「サトウは何故IAF SHOP*10周年を祝わなかったのか。」というタイトルのトーク企画をやります。
意味深なタイトルですがその話をきっかけにIAF SHOP*や福岡の美術状況を振り返る内容になる予定です。俺は去年福岡市美術館であった福岡クロニクルという展覧会のシンポジウムで「2000年以前と以後では明らかな断絶がある」と言った覚えがあるので、振り返るとしたらその頃からになると思います。この15年を知ってる人は一緒に振り返りながらその意味を考えてほしいです。
でも俺が誰に向かって話したいかといえば、その頃のことはよく知らないという人たちです。
過去を知ってそれについて考えるのは誰にとっても未来に向けて必要なことだと思うからです。

こういうトークにありがちな自慢話を聞かされるだけのものにならないように、聞き手として城野敬志に来てもらうことにしています。城野のことを知らない人も多いと思うけど、「え~、サトウさんそれおかしいよ」って躊躇なく言える奴です。

堅っ苦しくないトークをやることで有名な俺ですので、知りたい聞きたい話したいという人は軽い気持ちで来てください。

「サトウは何故IAF SHOP*10周年を祝わなかったのか。」
(聞き手/城野敬志) 10月25日[土] 19:30~ 参加無料


さて、3週目の感想です。いよいよ浦川大志が生島国宜に対抗し始めました。うまくいこうといくまいとそれしか方法がないと気が付いたみたいです。まずギャラリーの中を自分ひとりの展示場所として占有し、広いスペースのほうにも大幅に侵食してきています。それでも木曜金曜の状態は生島くんに比べるとぜんぜん美しくなくやっぱり「悪くはないんだけどねぇ」って感じでした。でも土曜日にイベントがあるのでお客さんが入れるように配置変えをして、それが思いのほかイイ感じに仕上がって、土曜の夜に来たお客さんからは好評でした。4週目にさらに何かやれてるか楽しみです。






f0190988_2184620.jpg






f0190988_219290.jpg






f0190988_2111014.jpg




キジがずっといます。

f0190988_2116426.jpg




ギャラリーの展示。

f0190988_21111637.jpg




これが土日の様子。

f0190988_211135100.jpg






f0190988_2112098.jpg




[PR]
# by iaf_satokei | 2014-10-21 21:17 | Comments(0)

「地域密着型アートプロジェクトのあれ。」@IAF SHOP*



今週土曜日10月18日(もう明日だけど)は福岡アジア美術ふたりエンナーレ2014の会場内で「地域密着型アートプロジェクトのあれ。」というタイトルのディスカッション企画をやります。司会は浦川大志です。彼がいろいろなアートプロジェクトを紹介し、それらの個々の内容についてやこのアートプロジェクト大流行の状況、全体像について話してみようというラフなイベントです。みんなも紹介したいアートプロジェクトがあったりしたら資料とかはなくても良いのでちょっと喋ってみませんか?

ディスカッション:「地域密着型アートプロジェクトのあれ。」
(司会/浦川大志) 10月18日[土] 19:30~ 参加無料



さて2週目の展示の感想です。生島国宜と浦川大志、少しだけ混ざり合いました。でもまだまだ少しなので今回もそれぞれに対する感想になります。
生島くんは前の週の全体的にコラージュっぽい印象から静物画のような印象に変わってました。ただしそれを静物画として見るなら(俺が言うなら)「狂った静物画」といって良いでしょう。そして土曜日にDEADちゃんの脳内資産運用セミナーをやったので日曜日はさらに変化しました。日曜の様子はまぁ暫定的と言えばそう言えるけど、それでも生島くんならではの色は出ていました。しかもスマートでした。居心地良かったです。
浦川くんは前の週より乱雑だけど何故か全体的にちゃんと見たいという気にさせる空間になっていて、おかげで絵もじっくり見ることができました。
・・・・そして実はこれを書いてるのは3週目が始まった後なので、予告的にここに書いておきたいのは、3週目は全ての空間が浦川くんによって侵食されています。生島くんはそれをじーっと見ている感じです。




f0190988_232195.jpg




f0190988_233394.jpg




これが日曜日。

f0190988_235533.jpg




[PR]
# by iaf_satokei | 2014-10-17 02:07 | Comments(0)

DEADちゃんの脳内資産運用セミナー15

今週土曜日10月11日は福岡アジア美術ふたりエンナーレ2014の会場内で「DEADちゃんの脳内資産運用セミナー15」をやります。
でもその前に展示の感想から。福岡アジア美術ふたりエンナーレ2014は毎週展示が変わっていくのでまず最初の1週目ということになるけど、まだ始まったばかりなので生島国宜と浦川大志が混ざり合ってる感じはあんまりしませんでした。なので一人ずつの感想になります。


f0190988_21342234.jpg




f0190988_21344766.jpg




f0190988_21351141.jpg




f0190988_2135364.jpg


生島くんはさすがこういう企画だと挑戦してくるなって驚きました。生島くんがこの展覧会の前に自分のブログに書いた文章を呼んでから展示を見るとさらにびっくりです。
参考:生島ブログ「IAF」
http://i-art-f.blogspot.jp/
こっちが思ってる以上に仕掛けてくるこの男は、きっと今まで誰もやったことがないだろうことをしています。簡単に言うと“自分が作ったものが何かを象徴する”という美術の常識というか本道というか、それを使わずに展示を成立させることに成功しています。パッと入った瞬間に「あぁ、何だか美しいな」と感じ、後でよく考えると生島くんが作ったものが何もない、さらにそこにある何物も何かを象徴/表象していない、ということに気が付きます。こういうことをやってる俺ってすげぇだろっていうことを言いたいわけでもなく本当に自然にこれをやってみたいということになったんだろうということが分かるから、こちらはなお美術そのものについて考えることができて、でもPOPで分かりやすいから楽しめる、という何だかとても痛快な気分になるという素敵な展示です。
一方、浦川大志は試練の時を迎えているようです。俺は浦川大志はこの展覧会期間中に覚醒する、と何度も言ってるワケで、つまりそれはまだ覚醒していないということでもあって、ちゃんとした作家なら誰でも通る道を今通ってるだけなのでそんなに文句もないんだけど、まずアートスペーステトラの坂口さんが「おぉ、相変わらず迷走中やねぇ」、ヤマネアートラボの山根さんが「俺はまだ浦川を作家と認めてないもん、まだ修行中やろ」、そして江上さんが「及第点以上っちゃあそうなんやけど、何だかなぁ」。この発言がボディブローのように効いてほぼグロッキー状態です。果たしてどうなるでしょうか。でも俺は前に進もうと必死でもがいている姿そのものにも美を感じるという妙な癖を持ってるので、今のこの状態そのものもけっこうイケてるんじゃないかと思ったりしてます。

以上1週目の感想でした。


さて、件の重要案件です。

★DEADちゃんの脳内資産運用セミナー15★
2014年10月11日(土)
開場19時 開講19時30分
入場無料(要ワンドリンクオーダー)

前にこの企画のスピンオフである「DEADちゃんの居残りSAVAGE」の時に本編の「DEADちゃんの脳内資産運用セミナー」は完璧に準備されたスペシャル・エンタテイメント・スライド・ショーだと書いたんやけど、今説明するとしてもそれが一番良いような気がしてます。本人に与えるプレッシャーとしても。今回は今まで一度も貼ったことがないフライヤーを表も裏も貼ってみます。このイベントの雰囲気をばっちり伝えるのはやっぱりこれでしょう。


f0190988_21361820.jpg




f0190988_21363252.jpg


あと詳しくはDEADちゃんブログ「半笑いの戦記」
http://dawaya71.blog28.fc2.com/
まで。読んでね。




[PR]
# by iaf_satokei | 2014-10-09 21:36 | Comments(0)

「福岡アジア美術ふたりエンナーレ2014」 いよいよ開幕!




f0190988_19332746.jpg



さて、いよいよ明日からこの秋一番期待を集める展覧会『福岡アジア美術ふたりエンナーレ2014』が始まる。先週とかにIAF SHOP*に来た人は分かると思うけど10年やってきた俺でも感じたことがない空気が今のあの空間には漂っている。正直始まってみないと分からないけど、少なくとも2人の展示がすっかり乖離しているような二人展にはなりようがないと思える。俺が今伝えられる情報は毎週日曜に生島くんが片付けをする(生島くんのパフォーマンスはいつも基本的に出して並べて片付ける、です)らしいことと、浦川くんがこの10月中に覚醒するであろうことくらい。あとは前から決まっていた毎週毎週何かのイベントをやること。ちなみに今週土曜日4日はオープニングパーティです。きっと毎週何かしらのお知らせをすることになると思うので、何度でも足を運んでみてください。

----------------------------------
福岡アジア美術ふたりエンナーレ2014

作家名:生島国宜、浦川大志
期 間:2014年10月2日[木]-11月2日[日]
休廊日:月・火・水曜日休廊
時 間:木・金18:00-23:00 土・日13:00-21:00
料 金:無料
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)

◎展覧会内容
福岡アジア美術館で開催されている福岡アジア美術トリエンナーレを勝手に応援しようと始まった企画。前回は生島国宜一人で「福岡ひとりエンナーレ」だったが、今回は若干20歳の若手大注目作家浦川大志が加わり「ふたりエンナーレ」となった。
1ヶ月に渡り、互いの平面・立体・映像などの作品が常に混在し、全体が流動していくような空間を展開する。
なお、会期中はパーティやイベント等が毎週行われ内容も盛りだくさんとなっている。

◎関連イベント
オープニングパーティ:10月4日[土] 19:00~
イベント:「DEADちゃんの脳内資産運用セミナー」 10月11日[土] 19:00会場 19:30開始
ディスカッション:「地域密着型アートプロジェクトのあれ。」(司会/浦川大志) 10月18日[土] 19:30~
トーク企画:「サトウは何故IAF SHOP*10周年を祝わなかったのか。」(聞き手/城野敬志) 10月25日[土] 19:30~
パーティ企画:「IAF SHOP*恒例ハロウィン大パーティ」(主催/モガタミク) 10月31日[金] 20:00~
----------------------------------


[PR]
# by iaf_satokei | 2014-10-01 19:38 | Comments(0)

ART HUB 三樹荘について。



f0190988_2281968.jpg



直前のお知らせになってしまって大変恐縮ですが、IAF SHOP*では9月27日土曜日の夜8時から

福大のあたりに新しくできたアートスペース『三樹荘』について詳しく聞いてみよう。

というタイトルのトーク企画を行います。


f0190988_2283257.jpg


9月27日(土) 20:00~ 参加無料
お話し:三樹荘の方々
聞き手:佐藤恵一

ART HUB 三樹荘 
http://mikiso-project.jimdo.com
福岡県福岡市城南区西片江2-31-3


このトーク企画をやることになったいきさつを書くと、俺は三樹荘が今年の4月にオープンしてから2回ほど行ったことがあり、ちゃんと美術をやるためのスペースだなって思って興味を持ったし好印象でもあった。それでいくつか聞いてみたいと思うことがあって、三樹荘の代表の渡邊瑠璃さんがIAFに来た時にちょっと聞いてみたらけっこう話してて楽しい人で、その時にこれはみんな聞いてみたいと思ってることなんじゃないか、みんな何となくのイメージだけでしか知らないけどホントのところはどうなの? って感じじゃないのか、それなら俺が個人的に聞くだけじゃなくてもうちょっとこの話は公開したほうが良いんじゃないか、それを三樹荘の人が三樹荘でやっても三樹荘関係者しか集まらなくてもったいない、よしIAFでやってみよう、それを渡邊さんに話したら彼女もやってみたいという返事だった、という流れ。
簡単に言えばタイトルがそのままのトーク企画です。俺だけじゃなくてみんなも聞きたいことがあったら遠慮なく聞いてください。

俺としては彼女たちの説明も聞くけどただ聞いて終わりじゃなくて、けっこう本気でアーティストが集まって何が出来るのかを考える良い機会になるんじゃないかと思ってます。ここのところのアートの状況に何かと違和感を覚えることが多い俺やけど、これを機に前向きになりたいです。

なお、今のIAF SHOP*内は来週から始まる「福岡アジア美術ふたりエンナーレ2014」の準備のためモノがあふれて非常に混沌としております。普段よりだいぶ狭いとは思いますがそこはそれ、逆に空間に負けないような濃い話にすれば良いんじゃないでしょうか。
[PR]
# by iaf_satokei | 2014-09-25 22:12 | Comments(0)

AGAINST 2014: FUKUOKA EXTREME FESTIVAL 『Adachi Masao|足立正生 Cinema / Deterritorialization』



AGAINST 2014: FUKUOKA EXTREME FESTIVAL
Adachi Masao|足立正生 Cinema / Deterritorialization

オーストラリア出身、福岡在住のシェーン・ボーデンがオーガナイズするフェス『AGAINST』。
今年で7年連続、そして今年は音楽じゃなくて映画へと大きく様変わりしました。
さすがだなと思うのは7年目ともなるとみんなからやって当たり前みたいに思われだすかもしれない時にまったく違う内容で、でも「アゲインスト」としてこの企画をやるシェーンのやり方です。
一人でやるには無理がある大変なイベントをずっと個人で続けてきているのにはそれ相当の考えがあってのことだと思うし、足立正生という日本の映画史の中でも特別と言って差し支えない監督を特集し、映画そのものから離れてしまうかもしれないトーク企画も用意するということはどういうことか、と考えてしまいます。

ということで俺も江上さんも今週土曜日はアートスペーステトラに行きます。一番はもちろん映画ですがシェーンがトークに出ることも楽しみです(そもそもシェーンが公の場所でちゃんと喋るのは初めてではないか?)。 なのでIAF SHOP*はその後、夜遅くにしか開けられません。申し訳ないです。

それでは以下、フェス全体の概要です。今週土曜と来週金曜土曜。来週は足立正生監督も来場します。詳しくはシェーンのHPまで。
http://www.deterra8.com/events/2014/against2014/


足立正生『略称・連続射殺魔』上映/トークイベント:風景論と現在
ゲスト: 鈴木淳(アーティスト)、山内 光枝(アーティスト)、森元斎(哲学者)、シェーン・ボーデン(deterra)
2014.09.13.sat.|Art Space Tetra Fukuoka
福岡市博多区須崎町2-15|092-262-6560|http://www.as-tetra.info/
Open 17:00|Start 18:00|1500 yen (plus 1 drink)

68年の秋、東京・京都・函館・名古屋で拳銃による連続殺人事件を起こし、69年春に強盗未遂の発砲事件で逮捕された当時19歳の永山則夫。
カメラは彼の生地・北海道を起点にして足跡をなぞりつつ北から南、東から西へと移動しながら彼が目にしたであろう風景を捉えてゆく。
この実験的なドキュメンタリーで映画的に実現された「風景論」は、どのように同時代の映画、芸術および社会に用いられたのか。
上映後、2人の芸術家、哲学者および本イベントのキュレーターらがディスカッションし解釈を試みます。


エリック・ボードレール『The Ugly One』上映・トーク
ゲスト:足立正生氏
2014.09.19.fri.|KBCシネマ1・2
福岡市中央区那の津1‐3‐21|092-751-4268|http://www.h6.dion.ne.jp/~kbccine/
Open 19:00|Start 19:30|2000 yen


足立正生氏トーク「シネマ/テリトリー/アクション」
2014.09.20.sat.|Art Space Tetra Fukuoka
福岡市博多区須崎町2-15|092-262-6560|http://www.as-tetra.info/
Open 14:00|Start 14:30|1500 yen (plus 1 drink)


フィリップ・グランドリュー『美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう/足立正生』上映・トーク
ゲスト:足立正生氏
2014.09.20.sat.|KBCシネマ1・2
福岡市中央区那の津1-3-21|092-751-4268|http://www.h6.dion.ne.jp/~kbccine/
Open 20:30|Start 21:00|2000 yen
[PR]
# by iaf_satokei | 2014-09-12 00:31 | Comments(0)

DEADちゃんの居残りSAVAGE vol.4



f0190988_0125977.jpg



DEADちゃんの居残りSAVAGE vol.4

2014年9月6日(土)
20時くらいから 
入場無料  ★要ドリンクオーダー


2008年の創業以来、圧倒的な情報量と心配になるくらい意味のない内容で微妙な福岡の夜を更に微妙な感じにし続ける『DEADちゃんの脳内資産運用セミナー』主宰が贈る良く言えばスピンオフ・悪く言えばムニャムニャな企画が諸般の事情を乗り越えてまさかの第四回開催です。

詳しくはDEADちゃんブログ「半笑いの戦記」
http://dawaya71.blog28.fc2.com/
まで。

DEADちゃん曰く、「筆記用具と寛容な精神をお持ちください」との事。

お客さんからのリクエストに画像や動画で答えていくって言って分かるかな。
もっと詳しく説明しようと思って浮かんできたのは、例えば誰かが「細けぇこたぁいいんだよ! いいから俺を癒してみやがれコノヤロー!」と怒鳴ったとしたら、5分後にはその人はほわーっとした優しい顔になってるだろう、というイメージでした。
『脳内資産運用セミナー』が完璧に準備されたスペシャル・エンタテイメント・スライド・ショーだとしたら、そこから「味があるねぇ。」というところだけを抜き出して気軽に楽しむのがこの『居残りSAVAGE』じゃないかと思うが、どうだろう?
[PR]
# by iaf_satokei | 2014-09-02 00:14 | Comments(0)

和田聡文個展終了記念コンサート(バックコーラス:tomi)」の開始時間は17:00です。




先日書いた「和田聡文個展終了記念コンサート(バックコーラス:tomi)」の開始時間ですが、間違えて18:00と書いている箇所がありました。正しくは8月31日(日)17:00からです。お詫びして訂正します。明日ですがお時間ある方は是非!
[PR]
# by iaf_satokei | 2014-08-30 22:59 | Comments(0)

和田聡文個展終了記念コンサート(バックコーラス:tomi)

今日8月24日が和田さんの展覧会最終日だったんやけど、ちょっとしたイレギュラーがあってナント! 去年に引き続き即興演奏家/ボイスパフォーマーのトミさんの声で和田さんの作品を締めることになりました。日時は8月31日(日)17:00~。
なので作品も31日まで設置されたままになります。正式な展覧会会期ではないので営業時間が変わること(例えば土曜が夕方からとか)はあるかもしれんけど、時間が合えばまだ作品を見ることもできます。

事の成り行きはこれも去年に似てるっちゃ似てるんやけど、カウンターで飲んでたトミさんがポロッと「俺あの部屋の中で歌ってみたい」と言ったのがきっかけで(和田さんの作品はセンサーに反応して和田さんの声がギャラリー全体を覆い尽くすというもの)、「面白そうですね、センサーに反応させるのは和田さんに変な動きやってもらいましょう」「それなら和田さんに直接声出してもらおう」「だったら作品の詩を読んでみたらどうだろう」「そうなると去年はトミさんメインだったけど今年は和田さんメインということになりますよ」「それがいいよ」「和田さんどうしますか?」和田さん「やってみましょう」

というワケで、和田さんの謎の身体能力、声、ポエトリーリーディングにトミさんのボイスが絡む、何とも形容のしようがない夢のような時間が実現します。
『和田聡文個展終了記念コンサート』(バックコーラス:tomi) 8月31日17:00から。必見!
[PR]
# by iaf_satokei | 2014-08-25 00:25 | Comments(0)