うるさいギャラリー

<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

我々は、幽霊ではない。



IAF SHOP*で今やっている展覧会です。写真を1枚だけ載せます。

貝瀬はもうウチでやるのは4回目で、4回目にして初めて絵を見せるための、絵を見る他に何もすることがない展示をしてくれました。


f0190988_14050342.jpg

我々は、幽霊ではない。


作家名:貝瀬俊平

期間:2017年7月13日(木)~23日(日)

休廊日:月・火・水曜日休廊

時間:木・金・土曜日18:00-23:00 日曜日13:00‐18:00

料金:無料

場所:IAF SHOP*

福岡市中央区薬院3-7-19 2F

TEL:090-5475-5326(佐藤)

http://iafshop.tumblr.com/


〇展覧会内容

貝瀬俊平のIAF SHOP*では4度目の展覧会。絵画の展示。


〇作家からのコメント(というか散文)


--------------------------------

もう昔のように悪夢を見ている俺じゃないよ。


「ドンガラガッシャン」町が壊れた。

意識下で漠然とあった不安が現実化したかのように黒い煙が空を埋める。

これは夢か現実か?

五月の日差しは容赦なく熱く空気は残酷なまでに気怠く重い。

「こんな混沌としているんだから、皆怪傷を負っているに違いないんだ。誰か救急車を呼んでくれよ!」

そう叫ぶが街には人っ子一人姿が見えない。

これは夢か現実か?

そんな事なんてどうでもいい。

しかし僕にとっては紛れもない事実なのだ。

それでもきっと良くなるもんさ。

それが悪夢だろうが、 何だろうが、 夢想と現実の住人である我々は、目をおっぴろげ耳をかっぽじり事実を見なければならないのだ。

それでもきっと良くなるもんさ。

日々生か死かよくわからない重みがついて回る。

しかしもう悪夢を見て心をすり減らしたりはしない。

我々は幽霊ではないのだから。

--------------------------------




[PR]
by iaf_satokei | 2017-07-15 14:05 | Comments(0)

「その他の短編ズとインターナショナル」

f0190988_23083238.jpg
f0190988_23084940.jpg


--------------------------------

「その他の短編ズとインターナショナル」

東京で出会ったノイズミュージックをやっているイギリス人のニールから「用事があって7月に福岡に行きます。よかったら一緒にライブをしませんか?」とメールが来ました。

それがこのイベントのきっかけです。

ちょうど、インドネシアのアーティストのナターシャという女の子からも「7月に日本に行きます。会いたいです。」というメールが来ました。このイベントへの出演をお願いしたらすぐにOKの返事が来ました。

それでイベントのタイトルを「その他の短編ズとインターナショナル」にしました。

そのほか福岡で活躍している方々にも参加をお願いしました。おいしいお菓子の出店もあります。

よく知らなくても、言葉が通じなくても、単純に楽しいと感じられる夜になるといいなと思います。

--------------------------------


「その他の短編ズとインターナショナル」

日時:2017年7月7日(金)19:00開場/19:30開演

料金:1,500円+要1オーダー

会場:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)

問合せ:090-5475-5326(佐藤)

http://iafshop.tumblr.com/

【イベント主催】

その他の短編ズのお二人


出演:

Broken Shoulder

Natasha Gabriella Tontey

onuki makoto

その他の短編ズ

DJ:Takeshi Yamamoto Rogers

出店:さかたのおかし


<出演者プロフィール>

【ライブ】

Broken Shoulder

ロンドン出身、東京在住のNeil Debnamのソロプロジェクト。2011年に活動を開始し、Audio Antihero(UK)、Tape Your Mouth(UK)、Deathbomb Arc(USA)より作品をリリース。エフェクトペダルのループに乗せた即興音楽を重ね合わせ、独自のLo-Fiドローンの世界を築いている。自身が運営するレーベル、Kirigirisu Recordings からも '300 Bicycle Seats'(2014) と'Hashiridase'(2016)の2つのアルバムをリリースしている。


Natasha Gabriella Tontey

インドネシア・ジョグジャカルタ在住のアーティスト/映像作家。

ペリタ・ハラパン大学グラフィックデザイン学科を2011年に卒業。主に個々人がもつ恐れを主題に扱いながら、アート作品の制作と同時にデザインワークも行う。アートの実践として、虚構、夢、記憶などを分野横断的につなぎあわせることを試みている。デザインはコミュニケーションであり、アートは関心事であると捉える。


onuki makoto

蟬(Dr.)/tepPohseen(Bass)/SEA LEVEL(Dr.Vo.etc...)など、バンド形態での激しいアプローチとは一線を画して、約8年振りとなるソロ名義では、静謐な弾き語りになる模様。


その他の短編ズ

板村瞳と森脇ひとみの二人組。アコースティックギターとキーボードと声を使い音楽を演奏する。


【DJ】

Takeshi Yamamoto Rogers

ベーシスト/ギタリストとして、マクマナマン、SEA LEVEL等の様々バンドで活動中。基本リスナー気質の為、DJとしてはAmbient/Techno/Jazz/ブラジル音楽等、ジャンルレスにプレイ。BPMよりムード重視な選曲が特徴。


【出店】

さかたのおかし

卵、乳製品、白砂糖不使用 。

厳選した素材を活かした、シンプルな焼き菓子。

--------------------------------



このイベントに出るインドネシアのナターシャさんとその他の短編ズとIAF SHOP*にはちょっとした縁があったようです。

ナターシャさんとその他の短編ズの出会いは、横浜の黄金町でやってる街全体を使ったアートイベント「黄金町バザール」に一昨年ナターシャさんが呼ばれ、滞在制作で作品を作っている時にその他の短編ズに協力を依頼したのが始まりだったそうで、それから仲良くなってその他の短編ズの曲「コンガ」のミュージックビデオをナターシャさんが制作し、そして今回はIAF SHOP*で一緒にイベントをやろう、ということになったらしいです。

そしてその出会いのきっかけになった「黄金町バザール」のディレクターは山野真悟さんといって、IAF SHOP*の前身であるIAF芸術研究室を今から40年近く前に設立した人です。

そんな縁があるとは誰も知らなかったけど、それぞれがそれぞれに頑張ってるとこんなことも起こるんですね。さすが七夕の夜にやるだけのことはある、と言わせてください。

そんなワケで、ナターシャさん制作のその他短編ズ「コンガ」のMVをどうぞ。




ついでにもう1曲、俺のお気に入りです。




f0190988_23145924.jpg

[PR]
by iaf_satokei | 2017-07-04 22:53 | Comments(0)