うるさいギャラリー

<   2017年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

マツリウミスク企画・主催/宇都亜紗子壁画展「Wall Painting Ⅳ」


f0190988_01032052.jpg


IAF SHOP*では今日4月27日から新たな展覧会が始まりました。『マツリウミスク企画・主催/宇都亜紗子壁画展「Wall Painting Ⅳ」』。

まずひとつ先に言っておくと、今回の展示の写真は載せないことにしました。会場の様子を先に見せると展示の感じが思いっきり分かってしまうからです。いつもの俺は少しくらい分かったほうがかえって実際に実物を見に来たくなるかもって思って載せてるんやけど、今回は載せないほうが良いと判断しました。

それからもうひとつ、今回の展示作業には時間がかかることが分かっていたので、東京在住の作家の宇都亜紗子さんに代わって先週から企画・主催であるマツリウミスクの辻川綾子さんがギャラリースペースで作業を始めていました。そして昨日宇都さんも福岡に来るはずでした。でしたが、諸般の事情により宇都さんは飛行機に乗ることができませんでした。なので今回の展示には作家の手が入っていません。

そう聞くと皆さん何か不安で複雑な気持ちになるかもしれません。しかも写真も載せないと言っているワケですから。

でも皆さんご安心を。

辻川綾子が宇都亜紗子の思いを受け取れるだけ受け取って渾身の展示に仕上げました。

この展覧会の話を始めた時に言っていたことにかなり近づいたと俺も思います。

是非見に来てください。5月6日土曜日のクロージングパーティもよろしくお願いします。

それでは以下展覧会概要です。



--------------------------------

マツリウミスクとは

現代美術と呼ばれるものの枠をはじめとする、分野(ジャンル)、背景(バックグラウンド)、世代、肩書き、組織、活動の場、日常、生まれ育った土地など、あらゆる枠を透過し、その場に起こる現象や共通感覚、生み出されるモノや力を体感したいという欲望から成立する。

福岡の地を土壌としながらも特定のメンバーや空間は設けていない。

展覧会やイベントをかつて日本の日常の根幹であった頃の祭りに見立て、マツリという場として、そのとき居合わせた個々の手によって企画し、実行するもの。

--------------------------------


壁画展「Wall Painting Ⅳ」

作家名:宇都亜紗子

展覧会企画/主催:マツリウミスク

期間:2017年4月27日[木]-5月7日[日]

休廊日:月・火・水曜日休廊

時間:木・金・土曜日18:00-23:00 日曜日13:00‐18:00

料金:無料

場所:IAF SHOP*

福岡市中央区薬院3-7-19 2F

TEL:090-5475-5326(佐藤)

http://iafshop.tumblr.com/

マツリウミスク問い合わせ先
ma2riu3suku@gmail.com

マツリウミスクBLOG

http://u3suku.blogspot.jp/


◎展覧会内容

マツリウミスクは、4月27日より宇都亜紗子 壁画展「Wall Painting Ⅳ」を開催いたします。本展で宇都は、文字を扱う仕事の傍らこれまで自身のアトリエや自室で描き続けてきたオイルクレヨンによる絵画を壁画展として大規模に展示いたします。

なお、この展覧会では近年描いている大きな絵が中心になりますが、新たに描いた壁画に加え、現在試している紙粘土を素材とする作品も少数展示いたします。

さらに、クロージングパーティーにおいては宇都自身が前々から興味のあった「音と共に描く」ことへも挑戦します。

ゲストには、自身もバンドやソロパフォーマンスで活動を行うパーカッショニストでありドラマーの大武悠真(1993年生まれ・福岡在住)、大学当初から落語研究会に在籍し、卒業した今もなお食や防災などさまざまな仕事に従事する傍ら、アマチュア落語家として古典落語はもちろん日常から生まれる現在の落語を模索し続ける福々亭金太郎(1979年生まれ・福岡久留米在住)を迎えます。それぞれのパフォーマンスがどのような光景となり現場に姿を現すのか、目のあたりにして頂ければ幸いです。


◎作家紹介

宇都亜紗子(1980年東京生まれ・東京在住)

2010年中国を訪れた宇都は、ある洞窟でひとつの壁画に出合いました。そのとき宇都の中にふと沸き起こった「壁画だ」という感覚。その年から、宇都はそれまで落書き程度にしか描かなかった絵をあらゆる画材をテストしては壁画として描き続け、今日に至ります。

2010年から描き始めてこれまでにコーヒー店や本屋などの日常空間において3回の壁画展を開催しました。

自身の内側に当たり前に起こり続ける欠片のようなものをただ描き、描き終わればそれは既に宇都の身体から離れていきます。宇都自身も描いた絵がどこへ行ってしまったのかを忘れてしまうほどです。

彼女の壁画から素直に伝わってくる絵の持つエネルギーをぜひご体感ください。


◎関連イベント

5月6日[土]19:00よりクロージングパーティ

参加費500円(1ドリンク・軽食付き)

ゲスト:大武悠真(パーカッショニスト・ドラマー)/福々亭金太郎(アマチュア落語家)


f0190988_01045097.jpg





[PR]
by iaf_satokei | 2017-04-28 01:05 | Comments(0)