うるさいギャラリー

<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

頂がみえない


昨日のヤープ・ブロンク、TOMI、shayne bowdenのライブ、すごい楽しめました。やっぱり実力者がちゃんとやると見応えあるものになるんだなぁ(福岡には「どうせやるならちゃんとやらNIGHT!!」という金言があります)。
出演者(TOMIさんの相棒TAKAMASAさんも含め4名)の皆さん、それからたくさんのお客さんたち、どうもありがとうございました。

それでここからはちょっと取り急ぎの書きっぷりになります。IAF SHOP*で今開催中の展覧会、加藤笑平の「頂がみえない」ですが、俺はとても面白いと思ってます。みんなに見てもらいたいなと思ってます。それで昨日聞きかじったところによるとどうやら来週の土曜7月4日のパフォーマンスの時にギャラリーの中に作っている壁を取り払うらしいです。そうなると今俺が感じている面白さがまた別のものになると思うので、出来れば今日か明日、または来週の木・金曜か土曜のパフォーマンスの前までに見てもらいたいです。お時間作れる人は是非きてください。




f0190988_17574584.jpg




f0190988_17575669.jpg




f0190988_1758129.jpg

この壁の向こうがイイ感じになっている。ただこの壁は来週の土曜7月4日のパフォーマンスの後には無くなってるはず。


----------------------------------
頂がみえない

作家名:加藤笑平
期 間:2015年6月25日[木]-7月5日[日]
休廊日:月・火・水曜日休廊
時 間:木・金18:00-23:00 土・日13:00-21:00
料 金:無料
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)

◎展覧会内容
IAF SHOP*には久々の登場となる加藤笑平の展覧会。画家、インスタレーション作家、パフォーマー、その他諸々の側面を持つこの男の今現在を忠実に映し出す展示となる。今回は主に絵画作品で表すそうだが、会期終了頃にはパフォーマンスも行おうと画策中である。

◎関連イベント
7月4日[土]19:00よりクロージングパーティ&パフォーマンス
参加費700円(1ドリンク・軽食付き)

◎作家からのコメント

頂がみえない

太陽や錆びた釘に何を想う
通行人と石畳に何を想う
山桃とハイブリッド車に何を想う
ラスタマンと北欧家具に何を想う

目の前にあるものの硬さを、硬さとして捉えるだけではなく柔らかさと捉えながらも、捉えきれない背景やモヤモヤとしたオーラや物語や背負っている諸行と業、そのもの自体さえも把握しきれない沢山の情報と質感という、目の裏側と針の先のような点の感覚で感じ取ること。

葉が揺れたら揺れた先のことの前に揺れる根幹を。

目の前にあるようでない内容だったり、ないようであるものだったり。
対象物そのものがみたくても、みようとしても、よくもわるくも “みえない”のだ。

それは、生きて来た経験だったり、体験、だったり、過程や流れやタイミングや環境や心境や状況、置かれている地点や社会的な立ち位置とか周りの人々とか様々なものでかわるとおもうけど。

だから、何が言いたいかというと、
何が言いたいのかも、全く、言いたくなくなって、結局そのものから、僕が感じたこの色々なあやふやな象のないものの

象そのものが目の前に現れるの。

加藤笑平
----------------------------------
[PR]
by iaf_satokei | 2015-06-27 18:01 | Comments(0)

ヤープ・ブロンク ソロ・パフォーマンス



IAF SHOP*では来週木曜から加藤笑平展覧会『頂がみえない』が始まるんやけど、どうやらその準備がタイトルの“頂がみえない”どころか“麓すらみえない”感じらしいのでその紹介は後回しにして、会期2日めの26日(金)にやる音楽イベントを先に告知します(ギャラリーでは展示をやっていて、フリースペースでライブになります。なのでこの日は展示だけを見るとしたら若干見難いと思います。すいません)。

さて、そのライブはというと、IAF SHOP*ではもうお馴染みのシェーン・ボーデンの企画です。今回はオランダからヤープ・ブロンクさんというボイス・パフォーマーがやってきます。で、俺も知らんかったんやけどツアー全体は東京のSuperDeluxeの主催になってます。なかなか規模の大きな気合の入ったツアーみたいです。せっかくなのでツアー全体のお知らせページのリンクも載せておきます。
https://www.super-deluxe.com/news/109
一番下にヤープ・ブロンクさんの動画を2つ貼っておくけど、当日どんなものが出てくるか楽しみです。
あとこれ重要やけど、その日出演してくれるシェーンとトミさんもかなりの実力派なので三つ巴で見応えあるものになると思います。


ヤープ・ブロンク ソロ・パフォーマンス


f0190988_119218.jpg



Jaap Blonk (Holland)
w/ TOMI / shayne bowden

2015年6月26日(金)
Open 19:00 / Start 20:00
入場料:1000円(1ドリンク要)
住所:福岡市中央区薬院3-7-19 2階
問い合わせ:090-5475-5326 (担当サトウ)

JAAP BLONK
Jaap Blonk (1953年、オランダ・ウールデン生まれ)は独学で作曲を学んだ作曲家で、パフォーマー、詩人でもある。
1970年代末期にサックスを始め、数年後ボーカルパフォーマーとしての自らのポテンシャルに気づく。詩の音読を始め、後々即興や独自の作詩を披露するようになる。20年間近く彼の声こそが、彼の発見や新しい音を発展させるツールであった。2000年あたりからBlonkは電子音を使って作曲を始め、最初は自らの声をサンプルしていたが、後々シンセの音も含むようになる。
Jaap Blonkは世界中で演奏を行っており、ステージ上での存在感や、即興での無邪気な自由さと鋭い構造の共存性が、彼のユニークさといえる。
ソロでの活動のほか、Maja Ratkje、Dylan Nyoukis、Mats Gustafsson、Makigami Koichi、Jim O'Rourke、Joan La Barbara、Okkyung Lee、The Ex、Lasse Marhaug、the Netherlands Wind EnsembleやEbony Bandなどの多くの現代音楽や即興音楽のミュージシャンやアンサンブルとコラボも行っている。
独自のレーベルKontransも経営しており、これまで22の作品をリリースしてきた。Staalplaat、Basta、VICTO、Ecstatic Peace、My Dance The Skull、Monotype、Plant Migration Records、Elegua RecordsやScumbag Relationsなどでも、Blonkのレコーディングを聴くことができる。

http://www.jaapblonk.com
https://www.facebook.com/jaapblonk
http://www.cdbaby.com/Artist/JaapBlonk






[PR]
by iaf_satokei | 2015-06-20 01:20 | Comments(0)

江上計太秘蔵音盤聴取講座 @IAF SHOP* 第5回 「再発レーベル特集Ⅲ:CICADELIC RECORDS」



IAF SHOP* 水曜講座案内
ギャミギャミ・エガミ秘蔵音盤聴取講座

第5回日時:2015年6月24日(水) 19:30~
「再発レーベル特集Ⅲ:CICADELIC RECORDS」

受講料:500円(1ドリンク付)

江上さんの音楽講座始5回めです。

第4回「コンピレーション・アルバム特集Ⅱ:"BACK FROM THE GRAVE"シリーズを中心に」でかけた曲目とその中で俺が気になったもの(俺めっちゃ面白かった)を載せます。




f0190988_0234086.jpg




f0190988_0235223.jpg




f0190988_024615.jpg




f0190988_0242464.jpg




f0190988_0244579.jpg



THE HYSTERICS 「Won't Get Far」



The Huns 「I've Got You On My Mind」



Unrelated Segments 「Cry, Cry, Cry」



The Triumphs 「Surfside Date」



RALPH NIELSEN & THE CHANCELLORS 「scream」



The Keggs 「To FInd Out」



Hush Puppies 「Look for another love」



The Gentrys 「Wild」



Groop 「Alright」



Adrian Lloyd 「Lorna」



The Outspoken Blues 「Not Right Now」



The Dogs 「Don't Try To Help Me」


[PR]
by iaf_satokei | 2015-06-19 00:25 | Comments(0)

shygehisa




f0190988_0305434.jpg




----------------------------------
shygehisa

作家名:樹尚(シゲヒサ)
期 間:2015年6月4日[木]-6月14日[日]
休廊日:月・火・水曜日休廊
時 間:木・金18:00-23:00 土・日13:00-21:00
料 金:無料
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)

◎展覧会内容
福岡県内県外問わず様々なジャンルのイベントでライブペイント、作品展などをメインに活動中の樹尚(シゲヒサ)による絵画展。
空間との調和を重要視している作品は、雲の様に不特定の形で表現され微生物から宇宙まで、時には目では見る事の出来ないあらゆる音を取り込み自身のフィルターを通して表現している。

◎関連イベント
6月13日[土]19:00よりクロージングパーティ。
guest live : sato shogo (colteco) / youhei (colteco,hubb)
skate board movie : neces city film
food : ミウラパン / mikako
参加費1000円(1ドリンク付き)
----------------------------------

彼が前にウチで展示したのは2年半前で、作風はその時とはすっかり変わっている。ちょっと不思議な感じで、ストリート感とモダンな感じ、それも日本の大正/昭和初期のモダンな感じが同居したような、うまく言えないけど妙な完成度の高さがある作品たち。興味持った人は是非見に来てください。
写真を少しだけ載せます。

なお今週土曜日はクロージングパーティを行います。パーティ参加費は1000円で1ドリンク付きです。
当日はshygehisaくんの友人たちが音楽と映像上映で参加してくれて、食べ物はミウラパンの趣向を凝らしたパン各種とmikakoさんのSPAMおむすびを販売する予定になっています。




f0190988_0321864.jpg




f0190988_0323396.jpg




f0190988_0325335.jpg




f0190988_0331240.jpg




ちなみにその2年半前の展示の時彼は壁に直で描いたりもしてました。そしてそれがそのまま無くなるのはもったいないので数人の絵描きに依頼して「メタモルフォーゼ(仮)」というタイトルも付けて、彼の絵を変化させるということをやってみました。懐かしい。
以下、その時の様子を少しだけ。

2年半前の彼の展示(ギャラリー内)。

f0190988_0334443.jpg




変化後。

f0190988_0335994.jpg




f0190988_0343156.jpg


[PR]
by iaf_satokei | 2015-06-10 00:39 | Comments(0)

江上計太秘蔵音盤聴取講座 @IAF SHOP* 第4回 「BACK FROM THE GRAVEシリーズを中心に」

IAF SHOP* 水曜講座案内
ギャミギャミ・エガミ秘蔵音盤聴取講座

第4回日時:2015年6月10日(水) 19:30~
「コンピレーション・アルバム特集Ⅱ:BACK FROM THE GRAVEシリーズを中心に」
受講料:500円(1ドリンク付)

江上さんの音楽講座始4回めです。

第3回「再発レーベル特集Ⅱ:EVA RECORDS」でかけた曲目とその中で俺が気になったものを載せておきます。




f0190988_194983.jpg


f0190988_110233.jpg


f0190988_1101765.jpg



THE MYSTIC TIDE 「You Won't Look Back」



THE CHARLATANS 「Doubtful Waltz」



The Chocolate Watch Band 「No Way Out」



WE THE PEOPLE 「You Burn Me Up And Down」



THE RISING STORM 「bright lit blue skies」



THE FANTASTIC DEE-JAYS 「Fight Fire」


[PR]
by iaf_satokei | 2015-06-07 01:11 | Comments(0)