うるさいギャラリー

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ヒラヒラ・ヒラリン」 プログラムNO.2は3/27!

まず今週のIAF SHOP*の営業時間からお知らせします。
IAF SHOP*は今週も展示が入っていません。なので、
27日(水)が「ヒラヒラ・ヒラリン プログラムNO.2」。
28日(木)は先週と同じくお休みです。そしてこれも先週と同じで“展示もやってないIAFに行くくらいなら~~”でアートスペーステトラである「視聴覚実験室 テトラボ(tet_lab)」
(これ面白そうよ。どの人も今どんな音出してるのかすごく気になる。俺も仕事が早く終われば良くつもり)
art space tetra


f0190988_10582136.jpg


29日(金)は俺は昼間の仕事の年度末打ち上げで飲み会、スタッフモガタと数人のIAF常連のお客さんたちは昼間っから花見に繰り出すらしい。なのでこの日もお休み。俺かモガタに連絡くれれば花見の場所と時間を教えるので行ってみたいという人は連絡してね。(夜までやってるか、どっかのお店に飲みに行ってるか、もしかしたらIAFに戻ってきているかも。俺は行けないのでよく分からない)
30日(土)は18:00~、31日(日)は13:00~18:00。
以上です。


というワケで、ヒラヒラ・ヒラリンの告知です。
今回は「ダブ・ストリーム」というタイトルでいろんなスタイルのダブミュージックをかけまくるそうです。普段ダブはあまり聴かないという人(俺もその一人、きっと江上さんも)もどうぞ。
前回に続き江上さんが書いた文章を全部載せます。フライヤーから全部手打ちしました。がんばったので2回載せます。

----------------------------------
IAF SHOP*水曜講座
ヒラヒラ・ヒラリンの実験音楽秘蔵音盤聴取講座
プログラムNO.2「ダブ・ストリーム」

2013年3月27日[水]
時 間:19:30開始
受講料:500円(1ドリンク付)
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)

昨年IAFでは毎月2回のペースで10ヶ月にわたって、美術家江上計太による独断偏向実験音楽講座を開催しました。その際、「テクノ以後のポスト・ロック、音響、エレクトロニカ」という見出しタイトルで予定されていた最後のプログラムに関しては、誰か他の適任者にやってもらう方が良いという江上の判断により、未開催のまま放棄され、中途半端な形で終止する結果になってしまいました。そこで江上は、その最適任者として、ヒラヒラ・ヒラリンことヒラバヤシマコト君に相談して、前回の欠落プログラムを補填、拡充する形で講座の続編を依頼したところ快諾を得て、下記プログラムに準じた実験音楽聴取講座を開催してもらうことになりました。近年、ヒラバヤシ君は、日本を代表する実験音楽家の一人大友良英のサウンド・インスタレーションのアシスタントとして国内外を渡り歩く経験を通じて、まさしく現在進行形の実験音楽の最先端の現場に立ち会ってきました。更に最近では、実作・実演者としての活動にも意欲を見せるヒラバヤシ君による今回の講座内容は、前回主として60年代から80年代までで中絶していた「実験音楽」の多様な歴史的展開の軌跡を、90年代、2000年代にまで延長して展望できるプログラムになっています。「実験音楽」といってもいわゆるシリアスな現代音楽に限定したものではありませんので、どなたでも気軽に御参加下さい。
----------------------------------


f0190988_111730.jpg


[PR]
by iaf_satokei | 2013-03-26 01:04 | Comments(0)

IAF SHOP*今週の営業時間のお知らせ。



IAF SHOP*は今週展示をやってないのとその他の諸事情も重なったので21日(木)、22日(金)は基本お休み(サトウが夜遅くにでも行ければ少し開ける)で、23日(土)は18:00~、24日(日)は13:00~18:00までの営業時間となります。申し訳ないです。
もし何かお問い合わせ等がありましたら090・5475・5326(サトウ)までお願いします。

で、金曜日なんやけど、展示もやってないIAFに行くくらいならこっちに行け!というイベントが2つもあります。
フライヤーを貼っておくので興味が湧いた人は出かけてみてね!



f0190988_12512379.jpg


f0190988_1252189.jpg

詳細:半笑いの戦記


f0190988_12525684.jpg


f0190988_12531059.jpg


[PR]
by iaf_satokei | 2013-03-20 12:57 | Comments(0)

「KAMIKAMIEGAMI」→「ヒラヒラ・ヒラリン」! プログラムNO.1は3/13!

「KAMIKAMIEGAMI」が終わって2ヶ月半。次の動きがはじまりそうです。
江上さんの講座で最終回に予定されていて結局やらなかった「テクノ以後のポスト・ロック、音響、エレクトロニカ」というプログラムですが、江上さんはこの“テクノ以後”というのは自分じゃなくて誰か他の人がやるべきだと考えていました。そしてそのことをずっとある男に言っていて、ついにその男が江上さんの後を引き継いでくれることになりました。
その男はヒラバヤシマコト。
去年の講座もほぼ全て聴きにきていた。

そんな彼がやるのはポスト・ロック、音響、エレクトロニカにとどまらず、1回きりで終わることもなく、全5回のプログラムを組んできました。
いつも江上さんと音楽の話ばっかりしている、普段無口であるがゆえにあんまり目立たない、知ってる人は知ってるが知らない人はまったく知らない、そしてどこか正体不明なところがある。
そんなヒラバヤシマコトが今までどんな音楽を聴いてきたのか知りたい人は3月13日にIAFに集合だ!

----------------------------------
IAF SHOP*水曜講座
ヒラヒラ・ヒラリンの実験音楽秘蔵音盤聴取講座

プログラムNO.1「ミニマル・テクノ」
2013年3月13日[水]
時 間:19:30開始
受講料:500円(1ドリンク付)
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)

昨年IAFでは毎月2回のペースで10ヶ月にわたって、美術家江上計太による独断偏向実験音楽講座を開催しました。その際、「テクノ以後のポスト・ロック、音響、エレクトロニカ」という見出しタイトルで予定されていた最後のプログラムに関しては、誰か他の適任者にやってもらう方が良いという江上の判断により、未開催のまま放棄され、中途半端な形で終止する結果になってしまいました。そこで江上は、その最適任者として、ヒラヒラ・ヒラリンことヒラバヤシマコト君に相談して、前回の欠落プログラムを補填、拡充する形で講座の続編を依頼したところ快諾を得て、下記プログラムに準じた実験音楽聴取講座を開催してもらうことになりました。近年、ヒラバヤシ君は、日本を代表する実験音楽家の一人大友良英のサウンド・インスタレーションのアシスタントとして国内外を渡り歩く経験を通じて、まさしく現在進行形の実験音楽の最先端の現場に立ち会ってきました。更に最近では、実作・実演者としての活動にも意欲を見せるヒラバヤシ君による今回の講座内容は、前回主として60年代から80年代までで中絶していた「実験音楽」の多様な歴史的展開の軌跡を、90年代、2000年代にまで延長して展望できるプログラムになっています。「実験音楽」といってもいわゆるシリアスな現代音楽に限定したものではありませんので、どなたでも気軽に御参加下さい。

*プログラム*
1.ミニマル・テクノ
  ジェフ・ミルズ、パンソニック、ラスター・ノートン・レーベル、etc
2.ダブ・ストリーム
  ジャマイカ・ダブからエレクトリック・ダブまで
3.エレクトロニカ、テクノイズ
  ミルプラトー、メゴ・レーベル、etc
4.ポスト・ロック、フリー・インプロヴィゼーション
  ジム・オルーク、大友良英、etc
5.番外編
  ムーンドック、シャルルマーニュ・パレスタイン、etc.etc.
----------------------------------


f0190988_0323665.jpg



[PR]
by iaf_satokei | 2013-03-07 00:39 | Comments(0)