うるさいギャラリー

<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「KAMIKAMIEGAMI」プログラムNO.9は8/1!

江上さんの実験音楽講座、プログラムNO.9は8月1日です。数回続く「パンク以後の~」シリーズの最初です。今年いっぱい続くこの講座もやっと折り返し地点に来たことになります。最初の頃のまさに実験音楽の代表みたいな音楽家にも、この前の回でとりあげたようなアバンギャルドなロック・バンドにも同じ情熱で接し続けてきた江上さんって、改めて考えてみるとやっぱりすごい。そしてその行き着いた先が「ガレージ」という概念っていうのが何より面白いよね。

----------------------------------
江上計太実験音楽秘蔵音盤聴取講座@IAF SHOP*
プログラムNO.9「パンク以後のイギリス、ベルギー、その他ヨーロッパのポスト・ミニマルミュージック」

2012年8月1日[水]
時 間:19:30開始
受講料:500円(1ドリンク付)
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)
UST「kamikamiEGAMI」:
http://www.ustream.tv/channel/kamikamiegami
(前回までのアーカイブもあります)
----------------------------------
[PR]
by iaf_satokei | 2012-07-30 23:37 | Comments(0)

「KAMIKAMIEGAMI」プログラムNO.8は7/18!

江上さんの実験音楽講座、プログラムNO.8は7月18日です。「パンク・ロック胎動期の実験音楽」ということで、何と江上さんの口からパンクという言葉が出てきました(江上さんはパンク嫌いを公言している人です)。しかもここから数回に渡り「パンク以後の~」という講義名が続きます。ということは江上さんの中でパンク再考が始まっているということではないでしょうか。興味深いです。

----------------------------------
江上計太実験音楽秘蔵音盤聴取講座@IAF SHOP*
プログラムNO.8「70年代半ば、パンク・ロック胎動期の実験音楽」

2012年7月18日[水]
時 間:19:30開始
受講料:500円(1ドリンク付)
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)
UST「kamikamiEGAMI」:
http://www.ustream.tv/channel/kamikamiegami
(前回までのアーカイブもあります)
----------------------------------


f0190988_12291972.jpg


[PR]
by iaf_satokei | 2012-07-16 12:29 | Comments(0)

「モバイルハウスのつくりかた」の上映は明日13日からです。

13日から始まる映画「モバイルハウスのつくりかた」の上映ですが、当日整理券を配ることにしています。上映の2時間前にはお店開けますので、店内で待つも良し、1回外に出るも良しです。なお、ウチは映画館ではないので(かなりボロい建物です)通常の映画鑑賞とはちょっと勝手が違うかもしれません。ご了承ください。
[PR]
by iaf_satokei | 2012-07-12 12:17 | Comments(0)

映画「モバイルハウスのつくりかた」の上映が迫ってまいりました!

-------------------------------------------
「モバイルハウスのつくりかた」上映会
日時:
7月13日(金)19:30
14日(土)17:00/19:30
15日(日)17:00
16日(月・祝)17:00
20日(金)19:30
21日(土)17:00/19:30
22日(日)17:00
全9回上映
料金:1500円
※デジタル上映
場所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
地図:http://yahoo.jp/g06JzT
問合せ:090-5475-5326(佐藤)
URL:http://members.jcom.home.ne.jp/iaf_shop/

◎イベント内容
貨幣制度や土地制度を純粋に疑うことから始まり、ついに「新政府」を立ち上げるに至ったことで最近話題にあがることが多い熊本在住の建築家坂口恭平。一見ヘンテコに見えるが実は真剣そのものの彼の活動を追ったドキュメンタリー映画「モバイルハウスのつくりかた」の上映会。監督は映画作家であり美術活動も行う本田孝義。
3.11以後の活動が注目されがちな彼だけど、たとえあの大震災が無かったとしてもこの人は何かすごいことをやらかしていたのだろうと思わせる映画です。

『モバイルハウスのつくりかた』
2011年/日本/HD/98分
製作:戸山創作所
配給:戸山創作所、スリーピン
監督・撮影・編集:本田孝義
整音:米山靖
音楽:あらかじめ決められた恋人たちへ「calling」
出演:坂口恭平、鈴木正三、船越ロビンソン、隈研吾、磯部涼
坂口恭平著『モバイルハウスのつくりかた』(集英社新書、近刊)

『モバイルハウスのつくりかた』公式サイト
http://mobilehouse-movie.com/index.html
坂口恭平HP「0円ハウス」
http://www.0yenhouse.com/house.html
-------------------------------------------


f0190988_7224810.jpg




-------------------------------------------

まず最初に言っておきたいのは、この映画は本田孝義監督というドキュメンタリー映画を撮り続けてきた映画作家の映画だということ。これは本田監督に敬意を表する意味で一番最初に書いておきたい。坂口恭平が今すごく旬な人ということは分かる。例えば「坂口恭平関係のものはすべて見ておきたい」という理由でこの映画を見る人にも、映画は映画監督の眼差しによって作られるものだ、ということを心の隅に置いていてほしい。

-------------------------------------------

そしてそれが分かったうえでそれでもあえて俺は坂口恭平という人のことだけをここで書くことにした。正確には“俺と坂口恭平” かな。まだ会ったこともないのにね。

-------------------------------------------

さて、前にこの映画がIAF SHOP*で上映されることを告知してから1ヶ月半くらい経つワケやけど、その間に坂口恭平はまるでメディアの寵児とでもいえるくらいいろんなところで取り上げられてきた。しかも即断即決即出演が多いのでずっと彼の発言を追い続けている俺でもとても追いつけないイキオイだ。それに彼のツイッターでの膨大な発言も加わるので、こちらも(変な言い方だげど)気を抜けない毎日になった。

-------------------------------------------

俺はたまに一人脳内討論をする。自分ともう一人の自分が自分について考えるというようなもので、いつももう一人の自分が「俺ならこう考えるね」と言って、それにより本来の自分が保たれることが多い。そのもう一人の自分は本来の自分より冷静で過激だ。

-------------------------------------------

ここのところその一人脳内討論の回数が増えまくっている。もう毎日。それは坂口恭平のことを前よりもずっと真剣に捉えるようになったからだ。彼と彼についての他者の発言を追いかけているとそれはもう毎日毎日すごい量の情報になる。しかも俺の一人脳内討論の議題になるものがやたらと多い。

-------------------------------------------

俺は芸術は社会に必要かどうかは知らないけど人間一人一人には必要なものだと言ってきた。もともとその感覚を持っているのだから、人はもっと芸術とともに生きることができるし、楽しむことだってできるはずだし、思ったより簡単に豊かに暮らしていけるはずだと思っている。そしてそれによって結果的に社会が今より健康的になるということは十分ありえる話だと言ってきた。(何をもって芸術というかという話はしなくていい。するとドツボにはまる。人それぞれでぜんぜん構わない)

-------------------------------------------

いつかそういう世界になると信じていると言うとそれは無理だと言われる。そのことについて考える人もその感覚に気付く人もそんなにいないからだ、と言う。考えることもそんなに長くは続かない、と言う。結局は自分に負けるのだ、と言う。それに対して俺はそんなに重く受け取らないでくれ、と言う。芸術はもっと軽やかなものだと言う。

-------------------------------------------

俺は120%無理だからといってやめるのが正しいとはちっとも思わない。無理でも追いかけるという姿勢が美しく見えてしまうから。それが身体に染み付いてくると無理とか無理じゃないとかどうでも良くなってくる。むしろ結果や着地点を想定しないほうが生きてる実感が得られるような気がしてくる。

-------------------------------------------

だから坂口恭平が言ってることについても実現するかしないかが俺の中で議題になることはない。たとえ彼が持っている能力が俺の想像よりはるかにスゴくて実現したとしても。

-------------------------------------------

俺が衝撃を受けるのは坂口恭平の態度だ。彼は“態度経済”という言葉を使うけど、その言葉を使うだけのことはある、さすがだ、と思わせられる。宮台真司は対談で彼について「浅ましさが無い」と言ったけど、確かにそのとおりだと思う。

-------------------------------------------

最近一人脳内討論でもう一人の自分が「俺が坂口恭平ならこう言うね」と言ってくることが多い。もちろん俺が認識している坂口恭平はホンモノの坂口恭平ではないので彼と直接話してもきっと違う言葉が返ってくると思うけど、そんなことはどうでもいいのだ。何故なら楽しいから。彼はけっこう優しいのだ。

-------------------------------------------


以下はかなり参考になるはずなので、読んだり見たりしてちょうだい。

こちらはテキスト。
産経ニュース:ドキュメンタリー映画「モバイルハウスのつくりかた」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120704/art12070407590001-n1.htm

一般社団法人日本編集制作協会:坂口恭平インタビュー
http://www.ajec.or.jp/wp/?category_name=interview2

日刊サイゾー:坂口恭平インタビュー
http://www.cyzo.com/2012/06/post_10823.html

石山修武『生きのびるための建築』書評/坂口恭平
http://10plus1.jp/monthly/2010/05/post-6.php

現在発売中の週刊朝日では巻頭カラー4P。


こっちは動画。
「新政府政権演説」(数種類ある)
http://www.youtube.com/watch?v=4S7O7Gm6XFA&feature=relmfu

1012/5/6 「東京ホタルシンポジウム:東京の川をひらく~都市とつながる 川・都市・私」
http://www.youtube.com/watch?v=wdvIJBgAOfk

1012/6/10 ニコ生「よるヒル超会議」(最初声がでてないのは放送時間前だから)
http://www.ustream.tv/recorded/23218869

1012/7/8 TBS「アシタスイッチ」(今晩11:45~! これはネットでは見れないと思う)
http://hicbc.com/tv/ashita/

その他参考/坂口恭平の映像・音声リスト(ネット上の動画等をまとめてくれています)
http://kiyowta.blog27.fc2.com/?xml&utag=〆独立国家のつくりかた
[PR]
by iaf_satokei | 2012-07-08 07:29 | Comments(0)

福田沙千代の絵を展示してみた。

IAF SHOP*はここのところ展覧会が入ってなくて、ガランとしたギャラリースペースがあまりにも寂しかったので、木曜担当スタッフで旧大賀APスタジオメンバーの福田さっちゃんの作品を展示してみた。

作品は先月彼女が参加した「FOG」というクラブイベントで一晩だけ展示したもので、俺は行けなかったので見ることができなかった絵画作品。その時の様子をデジカメで見せてもらった時、これは生で見てみたいと思って「とりあえず実物見たいから今度持ってきて」ってなって、どうせなら飾ってみようということになった。


f0190988_12351160.jpg


けっこう見応えもあるし、いろんな見方ができるので面白いと思うよ。
絵も良いです。
いつまで展示するか決めてないけど来週からは映画の上映なので当分このままにしときます(映画の上映中は見れません)。
[PR]
by iaf_satokei | 2012-07-06 12:34 | Comments(0)

「KAMIKAMIEGAMI」プログラムNO.7の後半は7/4!

江上さんの実験音楽講座、プログラムNO.7の後半にあたる「70年代前半のドイツ」のパート2は7月4日です。FaustやNEU!を採り上げます。俺が思うに、江上さんがこの世で一番好きなバンドはFaustなんじゃないかな。

----------------------------------
江上計太実験音楽秘蔵音盤聴取講座@IAF SHOP*
プログラムNO.7「70年代前半、ドイツのポスト・サイケデリック・プログレッシヴ・ロック」後半

2012年7月4日[水]
時 間:19:30開始
受講料:500円(1ドリンク付)
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)
UST「kamikamiEGAMI」:
http://www.ustream.tv/channel/kamikamiegami
(前回までのアーカイブもあります)
----------------------------------


f0190988_12261084.jpg


[PR]
by iaf_satokei | 2012-07-03 12:26 | Comments(0)