うるさいギャラリー

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

山下耕平再び

3月に1週間だけ予告編をやった山下耕平の3週間きっちりやる本編にあたる展覧会が始まりました。


山下耕平展
作 家:山下耕平
期 間:2010年5月27日[木]-6月13日[日]
時 間:18:00-23:00(日曜13:00-18:00)
料 金:無料
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)

◎展覧会内容
筑紫野市在住の画家山下耕平のIAF SHOP*での2度目の展覧会。
今回の展覧会は、3月の「予告編」に続く「本編」にあたります。
過去作品を十数点と、新作を一点、展示します。
アクリル絵の具カラーインク筆ボールペンペンキマジック。
同じ人が、同じ表情で、同じ場所に、もう何年もつっ立っている平面作品。
同じことしか考えていない二次元の薄っぺら。今の私にとっての「絵」です。

◎関連イベント
6月12日[土]19:00よりクロージングパーティ。参加費700円(1ドリンク、軽食付き)


-------------------------------------------------------------
すごくベタな言い方になるけど、芸術なんていうものは言葉にできない感覚世界をこの世に現出させるという魔法のようなものなので、俺は作品を見る時、その魔法に対抗するために、目の前の作品が作り出す世界と自分が持っている感覚の世界を自在に行き来できるように、「さぁ見るぞ!」って感じで深呼吸したり言葉にならない経験をした時のことを思い出したりして準備している。そうすると作品世界に入り込みやすくなるし、逆に直感に流されずに冷静に見ることも出来るのだ。
もちろんこれは俺の場合の話だし、みんなに当てはまるかも分からないし、だいたいそんな面倒くさいことしてまで見たくないって人もいるかもしれないけど、そうやって見ることで“作品と対峙する”という行為やその時間がとても充実したものになるのだ。
作品を作らないのにアートをやっているという自負がある俺にとって、その時間こそが(そして作品と自分の感覚がうまく噛み合った瞬間の快感が)もっとも重要でもっとも創造的である。
-------------------------------------------------------------


何で展覧会の紹介もせずにこんなこと書いてるかというと、今回の展覧会は俺のそういう欲求にバッチリ答えてくれるものだからです。それに“作品を見る”ということの入門編にピッタリだとも思います。
入門編、といってもこの作家の作品が初心者向けということではなくて、この作品たちが持っている射程範囲はものすごく広いんじゃないかと感じています。なので普段あんまりギャラリーとか行かない人も、もちろん芸術を専門としている人にも、彼の作品と対峙してみてもらいたいのです。


下に写真を載せますが、これはあくまで「さわり」です。是非彼の世界を感じに来てください。


f0190988_3233113.jpg


f0190988_3234145.jpg


f0190988_33102.jpg


f0190988_332220.jpg


f0190988_333670.jpg


そしてこれが新作。
f0190988_335434.jpg
[PR]
by iaf_satokei | 2010-05-29 03:30 | Comments(0)

ちいちい∴のたこ焼きSHOP*

前からIAF SHOP*で料理してみたい人!っていろんな人に声かけてたんやけど、忙しいやら何やらでなかなか出来なかった面白企画“美術作家○○さんお手製料理の日”。とうとう今週やってみることになりました。
まずは絵描きのちいちいこと田中千智さんの登場です。何と彼女が作るのは「たこ焼き」。
お手製料理というところにたこ焼きをもってくる彼女のセンスに脱帽です。
今週14日金曜日。時間は19:30くらいから。
13日木曜にも準備というか練習、をやってると思います。試しにこの日に来てみても良いですよ。
ちょっと小腹がすいた人、お酒のつまみにしたい人、がっつり晩飯としての人、どなたでも大歓迎です。
きっと楽しい(美味しい)時間になるでしょう。
[PR]
by iaf_satokei | 2010-05-12 03:14 | Comments(2)

画* alternative mind

IAF SHOP*で昨日から始まった展覧会。ウチには2度目の登場。作品はドローイングとコラージュ。はっきり言って今回も強力。
現在48歳、絵を描き始めたのが43歳。前回もそうだったけど、今回も2晩泊り込んでの設置作業でした。どこからどこまでも本気の作家です。


f0190988_1643758.jpg


f0190988_16432054.jpg


f0190988_16433262.jpg


佐世保在住の作家なのでいつもIAFにいれるワケではないけど、作家がいる時に来て話してみてほしいです。いろいろ聞いてみたくなる作品だと思うので。
◎作家在廊予定
5月6日[木]、15日[土]、16日[日]、22日[土]、23日[日]

----------------------------------
画* alternative mind
作 家:志久浩介
期 間:2010年5月6日[木]-5月23日[日]
休廊日:月・火・水曜日休廊
時 間:18:00-23:00(日曜13:00-18:00)
料 金:無料
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)

◎展覧会内容
「描くことは、不随意の自己を追求すること」という趣旨のもと制作されたコラージュ、ドローイング群を展示。作家の琴線に触れた印刷物、古物なども用い、IAF SHOP*にエネルギッシュな空間を作り上げる事を目指す。
なお、作家在廊中は、コラージュブックとドローイングをリアルタイムで制作する。

◎関連イベント
5月22日[土]19:00よりクロージング・パーティ。
参加費700円(1ドリンク、軽食付き)

◎作家在廊予定
5月6日[木]、15日[土]、16日[日]、22日[土]、23日[日]

◎作家プロフィール
志久浩介(しくこうすけ)
1962年、長崎市生まれ。佐世保市在住。
2005年、43歳のとき、画家として活動する決意をしドローイングを始める。その後、コラージュ、ペインティングを自由に融合させた平面作品に発展、自作をデジタル処理したグラフィック作品も制作。

【個展】
2007年2月、月の美術館(長崎)
2008年4月、「画* alternative mind」/IAF SHOP*(福岡)
2008年6月、月の美術館(長崎)

【グループ展】
2009年12月、「COLORS」/代官山ヒルサイドフォーラム(東京)
2010年8月(予定)、「拝啓立石タイガー様」/田川市美術館(福岡)


ブログ「HOPE」(コラージュ、ドローイングを公開)
ホームページ「抹香クジラの脊椎コロニー」(詩、写真を公開)
----------------------------------
[PR]
by iaf_satokei | 2010-05-07 16:45 | Comments(0)

Against2010関連企画

直前の告知になってしまって申し訳ないですが、もし行ける人がいたら行ってみてもらいたいイベントです。Against2010関連では最後のライブになります。主催のシェーンがPorta Chiusaをもの凄く押してました。


f0190988_3352770.jpg


■■■ Against 2010: Fukuoka Extreme Music Festival ■■■

Porta Chiusa
Nick Hoffman / Satoshi Kanda
蹂躙
諸岡光男

期日…2010年5月7日(金)
時間…18:30 open 19:00 start
料金…1,500円+1ドリンクオーダー
会場....art space tetra(福岡市博多区須崎町2-15)
主催…deterra

今回で三回目を迎える音楽フェスタ「Against 2010: Fukuoka Extreme Music Festival」の関連イベント。

Porta Chiusa(スイス)myspace
このポルタ・チウーザは、私たちの住む21世紀が未だそれぞれの国家に根ざして存在しており、公平な社会には程遠く、個人が肌の色や人種によって判断され、食生活、健康、教育へのアクセスは階級によって左右されるという事実に疑問を投げかけています。
その最大のテーマは、人間の尊厳と平等、この譲ることのできない権利が、このように大きな社会の中では軽視されがちだということです。
ビデオ映画の中では、ガラスのドアが使用されます。その透明なガラスのドアに描写を繰り返すことによってジョバンニ・デイ・ステファノは、見通しの悪さを表現します。しかしそれは、決して成功することはなく、いつもどこかに透けて見える部分が残ってしまうのです。ポルタチウーザはこの不完全に塗られたガラスドアで、今の社会の過剰な安全対策の不可能さを象徴しています。絶対の安全など存在しないのです。
ハイケ・フィードラーの文章とジョルジオ・アンドレオリの映画は、今日ヨーロッパで問題視されている移民に関する犯罪に焦点をあてます。その問題は、“移民”が犯罪者、危険、反社会的と見なされる原因を作りだしているのです。それに対してポルタ・チウーザは、一つの危険信号を送ります。
パエド・コンカが作曲した曲“ポルタ・チウーザ”は、3人のクラリネット奏者、ハンツ・コッホ、ミヒャエル・テイーケ、パエド・コンカによってライブ演奏されます。
詳しくは、myspaceをご覧ください。

Nick Hoffman(アメリカ)myspace
アメリカ、イリノイ州ノーマルをベースにするNick Hoffmanは、ミュージシャン、ビジュアル・アーティスト。Scissor Deathと名乗るグループ/レーベルの主導者で、サイケデリックなショックからぐるぐる巻きのハーモニーまで様々な表現を見せる。Back Magic、Bumbrella Donkey、GOD-EATER、Boulezといったバンドの他、ソロとしては、Katchmare名義で活動。

Satoshi Kanda(東京)myspace

蹂躙(福岡)hp
サウンドアーティスト/ドラマーのShayne BowdenとギタリストのMatt Richelsonのデュオ。「蹂躙はサウンドスケープを創造し、エクペリメンタルフォークを自称する。」フィールドレコーディング(野外録音)で集めた音源を使い、重層的なサウンドパフォーマンスを行なうシェイン個人での活動より、より具体的でフックのある表現をすることも多く、いわゆるフリージャズとの親和性が強い。

諸岡光男(福岡)myspace
山から下りてきた心やさしきTV演奏家(山から下りてきたから、TVの使い方を知らない、たぶん)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
問合わせ
art space tetra
〒812-0028 福岡市博多区須崎町2-15
TEL/FAX 092-262-6560
e-mail info@as-tetra.info
[PR]
by iaf_satokei | 2010-05-07 03:38 | Comments(0)

IAF SHOWCASE

今年の初めくらいだったかなぁ、この「うるギャラ」が天神FMのサイトに掲載されてた頃に担当してくれてた人から「パークサイドギャラリーで福岡のアートスペースを紹介するような展示をしたいんすよね。IAFで使ってみませんか。」とかなんとか(失礼、詳細失念、けっこう真剣な感じ)いう話があって、「何か考えよう。」とか言っちゃって、「あそこの展示スペースって何個あるの?」 「32です。」 「・・・・多いね。」 「どうします?」 「よっしゃ、32人でやるぞ!!」

というワケで、結局32作家が一堂に会するというお世話係としてはなんとも大変なことになってしまいました。

でも冗談でなくて、ああいう完全なパブリックスペース(通行人はみんな急いでる)で展示して、何か反応が起こるのかどうか試してみるのはそれだけで挑戦的なことのような気がしてます。IAF SHOP*(ほぼ)オールスターズともいえる参加作家たちになってますので、見に行ってみると面白いですよ。イヤというほど見応えアリです。


期間:2010年5月1日[土]-5月15日[土]
場所:PARKSIDE GALLERY
パークサイドギャラリーとは、天神FMが管理する警固公園横三越1F通路にあるショウケース風の展示スペース。全長100mにガラスケースが32個並んでいる。

参加作家(三越1Fライオン広場側より展示作品順)
石井康博/鶴岡宏美/山下耕平/友池理絵/esdrm/福田沙千代/江上計太/仕田原和也/原口ヒロシ/藻形一平/志久浩介/尾形明子/生島国宜/SCRAP BUILD/高木幸広/梅野知栄/武田憲和/田中祐次/砂糖彩/麻生信二/橋口輪太郎/瀬戸口朗子/藻形未来/近藤直子/日野直樹/COZIMADOG/HBK!/タナカリヨウスケ/遠山裕崇/松本K/荒木隆/田熊沙織

以下展示の様子(ごくごく一部)


f0190988_4153226.jpg


f0190988_4154471.jpg


f0190988_4155910.jpg


f0190988_4161389.jpg


f0190988_4163053.jpg
[PR]
by iaf_satokei | 2010-05-01 04:16 | Comments(0)