うるさいギャラリー

<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

レブ・ケージンがやって来た!

今年でもう3回目になるStudio Kuraのレジデンス・アーティストの滞在制作成果展。今年はロシア人作家Lev Khesinがやって来ています。

--------------------------
Zeitwoerter
作 家:Lev Khesin(レブ・ケージン)
期 間:2009年7月23日[木]-8月2日[日]
休廊日:月・火・水曜日休廊
時 間:18:00-23:00(日曜13:00-18:00)
料 金:無料
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)

◎関連イベント
7月25日[土]19:00よりオープニングパーティ。参加費700円(1ドリンク、軽食付き)

◎展覧会内容
福岡県糸島郡二丈町にあるStudio Kuraというアートスペースを運営している松崎宏史の主催企画で、今回で第3回目となる。本展は、約1ヶ月に及んだStudio Kuraでのアーティスト・イン・レジデンス・プログラムにおいて制作した作品を展示する。今回の招聘作家は、ロシア・ペンザ出身の若手作家レブ・ケージン(Lev Kehsin、1981年生まれ)で、これが日本初の個展となる。

◎松崎宏史からのコメント
レブ・ケージンはベルリン芸術大学フランク・バドアー教授の元で学び、マイスターシューラーの称号を得た後、ベルリンを拠点に活躍している新進気鋭のアーティストです。シリコンを用い、その層を何層も重ねることによって立体的で彫刻のような絵画を作ります。シリコンの持つ人工的な冷たさと、彼の手によって加えられた有機的な暖かさが同居する複雑な作品群が魅力的です。

◎レブ・ケージンからのコメント
私の制作の核心はRobert Rymans の"The basic problem is what to do with paint"および、Marshall McLuhansの "The medium is the message"という言葉に集約されています。
私の作品はインタラクティブなプロセスの中から生まれていきます。創作の過程はそのつど分析され、素材と道具の内部の論理により作品の方向性が決まっていきます。

これらは伝統的な意味で“描かれる”ことはありません。むしろ、積み重なりの過程で成長していきます。私の作品は外的世界の対象や現象を描いてはいませんが、例えば、自然界のミネラルやクリスタルの生成の過程に似ています。作品の生成過程がその周縁に最もよく現れています。

私は作品にシリコンを使います。シリコンは透明性、層の可変性、液相、つやや触覚などで独特な素材です。私はそれに色々な素材を加え、色々な道具を使い複雑な表面を作り上げます。シリコンが持つ有機的なぬくもりとゴムのような化学的で冷たい質感といった素材の両義性は、私にとって非常に大事なものです。

最終的な形は私にとって二次的なものです。それはアーティストと材料、道具と時間などの相互関係で決まるからです。
--------------------------

(アーティスト・イン・レジデンス・プログラムとは、その土地になじみのない作家がその土地に長期間滞在して作品制作をすること。ただ長期間滞在できるアトリエのようなものとは違い、その土地に住む人たちとの交流を通してその土地独特の文化などに触れたりしながら、作家が新しい価値観を得たり、さらにその土地に住む人たちにとってアートやアーティストがより身近になり、文化的であれ感覚的なものであれ何らかの変化を引き起こすことを目的としたアート・プログラムの場合を言う。そのため制作場所が一般解放されていたり、ワークショップやアーティストトークなどを行う場合が多い。)

--------------------------
とまぁ、今回は立派な企画なのでちょっとカタめの告知となってるけど、ここからは軽く日記風にここ数日を振り返ってみよう。

■先週金曜日、Studio Kuraに友人のフランス人マティアスと一緒にレブ・ケージンの制作の様子を見に行く。手前の大きい人がマティアス、黒いTシャツがレブ・ケージン。


f0190988_15142976.jpg


f0190988_15151357.jpg


■月曜日、レブ・ケージンのためにギャラリーの壁を白く塗り直す。この日は前日からマティアスの友人のバックパッカーが3人フランスから来てIAFでザコ寝していた。その3人にも壁塗り手伝わせてちゃっちゃと終わらせた。


f0190988_15153540.jpg


f0190988_15154569.jpg


■そして昨日は搬入、作品設置。松崎くんが仕事で来れないため松崎くんの親父さんとレブ・ケージンで搬入に来た。親父さんはすぐ帰ってしまったので、俺とレブ・ケージンの2人で設置作業。俺はロシア語・ドイツ語はおろか英語もほとんど喋れないので困るかなと思ったけど、ぜんぜんそんなことはなかった。松崎くん到着後、細かく手直し等してたけど俺は先に帰宅。なので最終的な完成形はまだ見ていない。見るのが楽しみだ。


f0190988_1516295.jpg


f0190988_15161550.jpg


今週土曜日はパーティです。作家のアーティスト・トークもやります。はるばるやって来たレブ・ケージンに福岡での手応えを与えてやるためにもたくさんの人に来てもらいたいです。来れそうな人は是非参加して下さい。
[PR]
by iaf_satokei | 2009-07-23 15:20 | Comments(0)

お知らせ

IAF SHOP*で明日行われる音楽イベント「en」ですが、このイベントは田熊沙織「絵画展」の会期中に行われるもので、田熊さんの好意により開催することができたイベントです。ですので田熊さんの作品を見に来た方はもちろん入場無料で展示を見ることができます。ライブの機材などがありますので通常の展示風景とは変わりますが、もしまだ見ていないという人は明日が最終日なので是非見に来てください。そして良かったらライブも見ていってください。
[PR]
by iaf_satokei | 2009-07-18 14:50 | Comments(0)

en 第6回

en

日時:2009年7月19日[日]  OPEN 17:00 START 17:30
料金:1500円(1ドリンク付)
演奏:六弦琴+仙石彬人/daenn./morooka mitsuo/ヒトリアソビタラズ/ミワサチコ/lem
VJ:宋秀臣
問合せ:090-5475-5326(佐藤)


f0190988_11123689.jpg


流浪の音楽イベント「en」の第6回目。最近は旧大賀APスタジオやアートスペーステトラでもやっているこのイベントがIAF SHOP*に帰ってきます。基本は音と映像のセッションなんだけど、前回のテトラから一組ずつ演奏する通常のライブに近い形式でやることもあるようになりました。だからといって「en」独特のゆるやかな空間の中で演奏者にもお客さんにも改めて「縁」を感じてもらえるあの雰囲気は変わらないですよ。
真夏の日曜日の夕方、ゆったり音楽と戯れてみませんか。

タイムテーブル
17:30~ヒトリアソビタラズ
18:15~lem
19:00~morooka mitsuo
19:40~ミワサチコ
20:20~daenn.
21:00~六弦琴+仙石彬人


演奏者紹介

六弦琴+仙石彬人(京都)
六弦琴…
2000年より、ソロギタリストとして活動。
以降、marron a.k.a dubmarronics、ダモ鈴木(ex CAN) 、
河端一(acid mothers temple)他、多くのミュージシャンと録音、共演をくりかえす。
英、米、伊、独、北欧、印、韓国等でも活動。
http://www.riotseason.com
http://grecord.ninja-web.net/

仙石彬人… 
1983年 静岡県浜松市生まれ。
モノではなくコトに興味を持ちながら、おもに「時間」や「空間」を意識させるインスタレーション作品などを制作している。
OHPとカラーインクやオイル、ガラスなど様々な素材を用いて行われるライブパフォーマンス「TIME PAINTING」は、空間を万華鏡のなかに閉じ込めたかのような幻想的なイメージをリアルタイムで制作・投影する、時間に描かれた絵画作品。
2005年ごろより、瀧 康太や六弦琴ほかあらゆるジャンルのミュージシャンとコラボレートしながら、活動の範囲を広げている。
http://www.myspace.com/akitosengoku

lem
福岡在住のタナカゴロウによる一人宅録ユニットLEM。ギターバンド,アコーステック.カルテットなどを経て、 2002年春に宅録を始める。アコースティック感漂うエレクトロニカな楽曲を好んで作る。緩いペースで活動中。2005年3月にカセットビジョン.レーベ ルより1STアルバムリリース。 フランス、ドイツのレーベル のオムニバスCDに参加。2007年7月にカセット・ビジョン・レーベルより2ndアルバム「朝方のハピネス、夜の空気」リリース。現在、サポートメン バーに、ナリタ君(ギター)アユコさん(フルート)を加えライブ活動中。2009年7月にアルバム「メロウ・スキップ」リリース。
http://www1.bbiq.jp/lem.web/index.html

ミワサチコ
歌とギター、隙間と音楽。
ミワサチコによる弾き語り。
loop-01を経て、2002年よりソロ活動開始。
現在は大分県に在住。
http://www.geocities.jp/miwa01234/

ヒトリアソビタラズ
空間の変調、世界の残響。
一緒に向こうへ・・・
http://www.myspace.com/hitoriasobitarazu

VJ 宋 秀臣
ジャンクでサイケなマルチプロジェクションVJ。
「宋家の宝物キムチ」も深みを増してます。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3888668

daenn.
様々な人が出入りする「磁場」として機能するエクスペリメンタルプロジェクト。うすらぼんやり活動中。
http://www.myspace.com/daenn

morooka mitsuo
「山から下りてきた怒れるTV演奏家」。
ブラウン管テレビを、信号の入出力、およびトリガー装置として使用し、ミキサーやコンタクト・マイクと組み合わせて独自のサウンド・システムを作り上げている。
http://www.myspace.com/morookamitsuo
[PR]
by iaf_satokei | 2009-07-17 11:29 | Comments(0)

田熊沙織「絵画展」

IAF SHOP*ではまた今日から新しい展覧会が始まります。しかしまぁずっとこうやっていろんな人の作品を展示するということをやってると、ホントに美術っていろんなやり方があるもんだなぁと思うよ。今回の田熊さんも他の人とはぜんぜん違うやり方で自分なりの美術を突き詰めている人で、普通に見るとなんで? と思うような表現の仕方かもしれんけど、よーく見たり、話を聞いたり、考えたりしたら、なんとなく分かってきたし、面白いなと思えてきたし、俺自身の感覚も少し拡張されたような気がした。彼女は真面目に絵画というものに向き合って、ある意味とても健康的に発展してきたんじゃないかなぁ。


f0190988_14465294.jpg


f0190988_1447870.jpg


空間全体で伝える作品なので、写真では感じられないことがたくさんあります。是非見に来て作家にいろいろぶつけてみてください。

田熊沙織「絵画展」
作家名:田熊 沙織
期 間:2009年7月2日[木]-7月19日[日]
休廊日:月・火・水曜日休廊
時 間:18:00-23:00(日曜13:00-18:00)
料 金:無料
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)
URL:http://members.jcom.home.ne.jp/iaf_shop/

◎展覧会内容
「絵画」ってなんなのだろうとまじめに考え続けた末に到達した「壁紙」という表現。本展では「絵」があるわけではなく、「壁紙」から「絵画」をとらえ、独自の「絵画」の世界を繰り広げる。福岡では初の個展であり、これからの展開の出発点となる展覧会。

◎関連イベント
7月4日[土]19:00よりオープニングパーティ。参加費700円(1ドリンク、軽食付き)
[PR]
by iaf_satokei | 2009-07-02 14:48 | Comments(0)

シャーリーの好色人生と転落人生

親不孝通りのシネテリエ天神でレイトショーされてる映画。この前監督の舞台挨拶があってその時観に行ってきた。良い映画だった。新しい日本映画だなって思った。感覚的だけど。映画の中で交わされる架空の方言は聞く価値あり。今週金曜日まで。
[PR]
by iaf_satokei | 2009-07-02 14:44 | Comments(0)

先週のどうせやるならちゃんとやらNIGHT

写真で伝わるかなぁ、この面白さ。久しぶりに腹がねじれるくらいに笑った。終わった後の充実感っていったらそりゃもうスゴイもんがあるよ。このイベント、きっとまたどこかであると思うので、そのときは絶対とにかく生で見てほしい。


f0190988_14402923.jpg


f0190988_14405237.jpg


f0190988_1441779.jpg


f0190988_14412039.jpg
[PR]
by iaf_satokei | 2009-07-02 14:42 | Comments(0)