うるさいギャラリー

<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

総決起写真帳

今年もやりました総決起集会!
やりきりました!何も言うことはない!何も言うことがない!


f0190988_12392461.jpg


f0190988_12335135.jpg


f0190988_1234797.jpg


f0190988_1234377.jpg


f0190988_1235033.jpg


f0190988_1235144.jpg


f0190988_12353517.jpg


f0190988_12354921.jpg


f0190988_12361552.jpg


f0190988_12365655.jpg


f0190988_12371073.jpg


f0190988_12373127.jpg


f0190988_12374728.jpg


f0190988_1240937.jpg


f0190988_12403150.jpg


f0190988_12404459.jpg


f0190988_12411697.jpg


f0190988_12412810.jpg


f0190988_12415092.jpg


f0190988_1242453.jpg


f0190988_12422963.jpg


f0190988_12424330.jpg


f0190988_12425240.jpg


f0190988_1243776.jpg


f0190988_12432320.jpg


f0190988_12433914.jpg


f0190988_12435531.jpg





WALDの森さんが写真撮ってCDに焼いてくれました。ジャケがすごい。仏様です。


f0190988_12495925.jpg


f0190988_1250999.jpg


f0190988_12501727.jpg


f0190988_12502668.jpg


f0190988_12504054.jpg


f0190988_12485569.jpg


f0190988_12491125.jpg


f0190988_12493382.jpg


f0190988_12511545.jpg


f0190988_12512842.jpg


f0190988_12514498.jpg


f0190988_12515378.jpg


f0190988_1252851.jpg




写真家HBK! もずっと張り付いて撮ってくれてました。何枚か送ってくれたのでそれも載せます。


f0190988_12543975.jpg


f0190988_12545752.jpg


f0190988_12551042.jpg


f0190988_1255242.jpg


f0190988_12553793.jpg


[PR]
by iaf_satokei | 2009-04-28 13:03 | Comments(1)

お知らせ。

26日(日)はIAF SHOP*お休みにします。
[PR]
by iaf_satokei | 2009-04-24 15:35 | Comments(0)

4/26総決起集会

今年も総決起集会ありますぜ!
今年が最後やけどな!
IAFに出入りしているアホウどもが今年もアートステージで大暴れ!
(去年のような錯乱状態にはならないように心掛けますけど、どうなることやら。スイマセン、ホントに。)

ヒマなヤツらは全員来い! ヒマじゃなくてもヒマになれ!



f0190988_2293925.jpg


f0190988_2295761.jpg


f0190988_230103.jpg


f0190988_2302234.jpg


f0190988_2303490.jpg


f0190988_231641.jpg


f0190988_256288.jpg


f0190988_230421.jpg


f0190988_2563914.jpg



総決起インフォメーション
[PR]
by iaf_satokei | 2009-04-16 02:45 | Comments(0)

雑踏にかきけされた

雑踏にかきけされた
作家名:武田 憲和
期 間:2009年4月2日[木]-4月19日[日]
休廊日:月・火・水曜日休廊
時 間:18:00-23:00(日曜13:00-18:00)
場 所:IAF SHOP*(福岡市中央区薬院3-7-19-2F)
問合せ:090-5475-5326(佐藤)

◎関連イベント
4月18日[土]19:00よりクロージングパーティ。参加費700円(1ドリンク、軽食付き)


f0190988_234070.jpg


f0190988_235378.jpg


f0190988_241479.jpg


俺らがIAF SHOP*を始めた当初から常連のお客さんだった武田憲和のやっと重い腰を上げた初めての展覧会。架空の世界の物語を絵と言葉(文章)で構成した展示になっている。

この人は俺が知ってる限り福岡では2番目にライブに通ってる人で、ゴリゴリのロックからアバンギャルドな音楽まで、とにかくラジカルな音をこよなく愛している。でも彼の作る作品は(不思議な世界観ではあっても)とってもおとなしい。なのでちょっと行儀良すぎじゃないかと思ってこの前の土曜日夜遅くいろいろ聞いてみたら、やっぱりこの人もIAFで展示するにふさわしい変人だなと思えてきた。何というかこの人、筋金入りの世捨て人かもしれんですばい。
[PR]
by iaf_satokei | 2009-04-16 02:05 | Comments(0)

アートスペース・テトラ5周年

アートスペース・テトラ5周年記念企画
Circulate 安部貴住個展
会期…2009年4月1日(水)〜19日(日)月曜休廊
時間…平日16:00-20:00 / 土日祝13:00-20:00


俺らがIAF SHOP*を始める少し前に出来たテトラがこの4月で5周年を迎えました。
お互いよく5年も持ったもんだと思うけど、俺はこの福岡にIAFとテトラが両方あって本当に良かったと思います。

5周年記念はもちろん安部貴住。テトラで一番最初に展覧会を開いた人。今福岡で一番のインスタレーション作家。
是非みなさん見に行ってください。


f0190988_1183494.jpg


[PR]
by iaf_satokei | 2009-04-16 01:19 | Comments(0)

日曜日の感想。

日曜日はPablic Space四次元であったライブ「TIME MARKET 134」に行ってきた。

maget dub duoは前に見たときより面白くなってた。気持ちいいんだけどより変態的な音になってきたような気がする。さらに変な方向に向かってほしいと思う。


f0190988_0443456.jpg


f0190988_044423.jpg


この写真は尾中俊介さんの詩集「CUL-DE-SAC」の中の一遍を朗読しているところ。



|Unig"est|は新ドラマーが加入。


f0190988_0471746.jpg


f0190988_0472488.jpg


ちなみにこのバンドの元ドラムはmaget dub duoでテレビ演奏してる人。
ドラムが変わって別のバンドになったような印象を受けた。やっぱりこのバンドの変態性も元ドラムの人が背負ってたに違いない。
すっきり聴ける音になってたのでまだ俺の中でうまく消化できてないけど、これからライブに行くごとにこれこそが俺の大好きな|Unig"est|だと言えるようになっていくはずだ。また近いウチにライブやってくれることを願う。


あとは、この2組以外では岩永ハナエさんがとても良かったです。サポートで入ったドラムの人が素敵でした。
[PR]
by iaf_satokei | 2009-04-16 00:54 | Comments(0)

先週土曜日の感想。

先週土曜日は佐賀でやってた大きめのグループ展「VAROC」のパーティに行ってきた。
話す人話す人それぞれがイキイキしてて、なんだか知らないが佐賀の若者たちにはすごい熱があるよ。俺はどこに行っても相変らずうっとおしいほどに熱く語るけど、どうだい、福岡の若い衆、最近熱くなるような出来事はあったかい?

写真は「AVANDARD」というバンドのライブ。


f0190988_012151.jpg


f0190988_0122281.jpg


f0190988_0123073.jpg
[PR]
by iaf_satokei | 2009-04-16 00:12 | Comments(0)

東京道中記3

3日め。
この日はキクタケと一緒に行動。
-----------------------------
注)キクタケススムは、俺と一緒に第2期IAF SHOP*を立ち上げた元IAFスタッフ。IAF SHOP*は01年から04年3月まで「Open Sauce Language」というグループが運営していて、その後を俺とキクタケと松本綾士の3人が引き継ぐカタチで04年6月に再出発したのだ。キクタケは福岡時代からTシャツで天下を獲ると言っていて、今は東京でその野望に着実に近づきつつあるらしい。アヤジはこの前ここに写真載せたけど、IAFから失踪したと思ったらいつの間にか小脇に子供を抱えるようになっていた。

-----------------------------
まず高円寺北中通り商店街へ。
目指すは「素人の乱」5号店。
このいかにも俺が好きそうな名前のリサイクルショップをやってるのは松本哉という人で、何というか、ものすごセンスの良いアジテーター。この前福岡に来たときIAF SHOP*に泊まっていって、その後フリーペーパーなんかも送ってくれたりしてたので、東京に行ったら絶対店に寄ってみようと思っていた。行ってみたら本人が店番してたので挨拶とちょっと雑談。そして松本哉著「貧乏人の逆襲」購入。
この日は3連休の最終日曜日。俺は高円寺はもっと人がいっぱいいると思ってたけど、この北中通り商店街は人通りもまばらな、ホント昔ながらの商店街って感じ。松本哉のやってることにはよく地元商店街の人とか出てくるんやけど、なるほどこれならそういう事もあるかもな、と思った。
-----------------------------
次は横浜。
日ノ出町についたら大雨と猛烈な風だった。ビニール傘購入。前にも寄ったインドカレー屋でカレー食べる。
小畑祐也(IAF SHOP*でもう何回も展示している作家。今は黄金町バザールのスタッフとして横浜在住)が新作を発表しているとのことなので、それを見に行く。あいかわらず小畑祐也にしか描けない絵だと思えたうえにちゃんと進化もしていたので嬉しかった。


f0190988_23405583.jpg


しばらく雑談。キクタケを案内して黄金町バザールのスタジオやショップを見て回る。その後キクタケと分かれて俺はBankART1929に本を買いに行くことにした。歩いて行ってる途中に大風でせっかく買った傘が骨だけになる。福住廉著「今日の限界芸術」購入。
-----------------------------
18時半くらいに新横浜から新幹線に乗る。スタッフのたまちゃんから「今日の営業も無事終わりました」とのメール届く。「新幹線はいいぞ。他に何もできない無為なる時間を嫌というほど過ごすことが出来る」とかワケ分かんない返事を書く。23時半すぎ博多駅着。
バスが終わってたのでタクシーで帰る。
以上。
-----------------------------

(おまけ)
買った2冊の本の感想。
「貧乏人の逆襲」→ ものすごオモロイ。
「今日の限界芸術」→ とてつもなくツマンナイ。
どっちもIAF SHOP*に置いとくので読みたい人は読みに来ればいいさ。
[PR]
by iaf_satokei | 2009-04-07 04:37 | Comments(0)

東京道中記、トーク本番

2日め。
生島くんより先に出発。
俺の人生の師匠ともいえる大好きな松蔭浩之さんに電話してみる。そしたらその日は美学校で授業だそうで、来てもいいよってことだったので神保町にある美学校に向かう。美学校について「すいません、マツカゲさんに会いたいんですけど」って言ったら、そこにいた他の授業の講師さんか美学校のエラい人だか分かんないけど、そのおっちゃんがニヤッと笑いながら無言で教室のドアを開けて俺の背中をグッと押した(何だったんだろうあれは)。「おー、ケイちゃん!」「今、何か押されましたよ。」てな感じで松蔭さんと久しぶりの対面。結局そのまま授業を聴くことに。松蔭さんの熱のこもった話を聞いて俺もトークへの気合いがめっちゃ入る。話すからにはやっぱり何か持って帰ってもらわんといかん!。この日の授業は1年間の講義の最終日らしく、そこに居合わせられたのがすごいラッキーだった。休憩時間になって授業を受けてる人たちに俺と松蔭さんの出会いについてなど少し話す。その後も映像作品を観てみんなでディスカッションしてたけど、俺は時間切れで退席。マツカゲさん、生徒の方々、お邪魔しましたー。
-----------------------------
時間無くなってきたので他を廻るのはやめにして両国へ戻ることに。両国駅そばのとんこつラーメン屋に入り「博多ラーメン」食べる。やはり納得できず。俺はどこかに行ったらとりあえずその土地のとんこつラーメン屋に入るようにしている。
-----------------------------
さていよいよトーク本番。

キクタケススム来る。近藤祐史来る。小畑祐也来る。原口順来る。
お客さんは全部で20人くらい。

生島くんと俺で掛け合いのように喋る予定。笑いが出たりしたら良いな~。うまくいくかな~。キクタケ差し入れのビール飲む。緊張はまったくない。
始めに生島ご挨拶。続いて俺の紹介。で、すぐに話を始める。
まずお客さんに福岡について知ってること聞いてみた。食べ物が美味しいとか出る。3号倉庫という名前出る。次に福岡の何が知りたいか聞いてみた。特に無いご様子。当たり前っちゃ当たり前、みんな自分のことで手一杯でそんなよその土地のことまで構ってられないはず。
俺はこの日みんなが聞きたいことがあればそれを話すつもりで、どの角度からこられても大丈夫なように準備したので少し残念。でもここは場の空気を喋りやすい雰囲気にするのが一番なので、それはまぁボチボチな感じ。ホントはここで2ちゃんねるの美術鑑賞板の「福岡の現代アートシーン」スレを見せるつもりだったがすっかり忘れる。

「まぁ福岡はそれくらい田舎で興味ないってことね。」てな感じで「じゃあ福岡の作家紹介とかじゃなくて状況の話をします。福岡にもちゃんとアートシーンがあるということと、それはけっこう歴史があるもので、それが脈々と受け継がれながらも刷新されていること、の話です」となりました。俺もこの方が話しやすいので気分も乗ってくる。後はお客さんと共有できる話にどう持っていくか、だな。

九州派、集団蜘蛛、集団ヘ、ちょっととばしてIAF芸術研究室、ミュージアム・シティ・天神(福岡)の話、福岡にやってきた有名アーティストたちの福岡でやった仕事の話、地元作家の変遷の話、時代ごとのアート・ムーブメントの話、などなどを福岡にいる人もあまり見たことのないような映像を絡めながら見せて行った。生島くんとの掛け合いもまあまあ良かったと思う。笑いも少しは起こってました。途中いいタイミングで生島くんが休憩入れてくれて、それでいったん場が落ち着いた。

結局話の主な部分は福岡の前衛芸術の歴史、みたいになったけど、俺はこのトークをやって(準備のため資料を見直したことも含めて)自分が何をやろうとしてきたのかちゃんと振り返ることができてすごく良かった。でもお客さんにとってどうやったか心配ではある。もう少しお客さんを能動的にするにはどうやったらいいのかな。

休憩後はIAF SHOP*の話、それから生島くんが福岡でやっってきた活動の話。「透明な薬」オープニングライブペインティングの話。
最後に「Guardian of the arts」の映像。

カッコよく終わることが出来ました。



f0190988_23293088.jpg


-----------------------------
終了後、みんなで話す。
キクタケが今晩泊まりに行ってもイイッすか? ということで、その日は3人で2つの布団で寝ることに。
キクタケいわく「このトークは絶対福岡でもやったほうが良いですよ!」とのこと。

そのうちIAF SHOP*でやってみようと思う。福岡でやると思いっきり突っ込まれると思うので、それはそれで楽しみです。
[PR]
by iaf_satokei | 2009-04-04 17:27 | Comments(2)

東京を楽しんだ

もういいかげん書かないとタイムリミットやろ、先々週東京に行ったときのこと。
帰ってきた次の日から先月終わりまでもうずっと忙しくて、それが終わったと思ったらガツンと落ちる出来事があって、この沈んだ気持ちを何とか浮き上がらせるにはとにかく動くしかないかな、とか思ってる。落ちた話についてはまたここで書くかも。アート関係の話じゃないよ。

で、とりあえず書くかな、東京道中記。

今回の東京はもうとにかく良い旅だった。
行った理由は東京の両国にあるART TRACE Galleryでの生島国宜個展「透明な薬」にトーク・ゲストとして呼ばれて、福岡アートシーンの歴史や俺の体験などを話しに行ったのがメイン。その他にもいろいろ廻ったし、久しぶりの人にも沢山会うことができた。

-----------------------------
1日目。
今回は2泊3日の旅。新幹線で移動。朝9時に博多駅。朝8時にIAF。その夜徹夜で編集されたドキュメント映像を受け取る。Guardian of the arts佐賀AMPギャラリー「全員展」での真夜中のゲリラパフォーマンス。撮影・編集は映像作家のHくん。徹夜での作業ありがとう。
これで準備万端。忘れ物無し。
新幹線の中で機関16「集団蜘蛛」特集読む。テンション上がる。
午後3時半ART TRACE着。さっそく展示見る。作品良し。展示良し。今までの中で一番良し。


f0190988_23211893.jpg


f0190988_23213452.jpg


f0190988_23214654.jpg


こりゃトークも楽しみだ、とか喜びながら生島くんに持ってきた資料見せる。忘れ物有り。去年の総決起集会のDVD。ケースのみ、中身無し。まぁ全て完璧より少し慌てるくらいのほうが緊張感あって良し。現場対応能力向上。
-----------------------------
とかなんとかやってたら会場にものすごく懐かしい人が現れた。俺ももうぼんやりとしか顔も覚えてなかったけど、もう11年とか前に俺が手伝っていたグループ展に参加していた人で、まったくの偶然で東京で生島くんと知り合いになっていた人、Hさん。すごい久しぶりなのに何だかとても気さくで嬉しかったです。これから夜までの時間どこかギャラリー廻りでもしようどこがいいかな、とか話してて結局Hさんが道案内してくれることになり、迷うこともなくスイスイと2件のギャラリーを見て回った。
-----------------------------
1件目。曙橋駅近くにあるAISHO MIURA ARTS
2階建ての民家を改造してとにかく真っ白に塗ってるギャラリー。そんなに立派じゃない。俺はやっぱりこういうトコに行ったときが一番血が騒ぐ。ちゃんと展示見ようという気になる。1階と2階で別の作家が展示していて、俺は2階の作品がとても良かった。鈴木侑馬さんの「SECRET ISLAND」。絵画作品。作品の作り込み具合がいい塩梅なのと、その作品を受け取りやすい展示になっていてとても好印象でした。

2件目。吉祥寺にあるArt Center Ongoing
ここは去年横浜のBankARTでのイベントの時に知り合った小川くんという人が個人でやっていて、小川くんは俺が何かこの人信用できるかも、とか思っちゃった人。俺よりもずっとインテリなんだけど、似たような人種のような気がしてる。ここは1階がカフェになっていて、俺が行ったときは予約の客さんが入ってたみたいで忙しそうに働いてた。でもこの現場感がまたイイな、とか思った。
2階のギャラリーではSONTON exhibition『エレファーム』という展示をやっていて、これは無茶な展示で、一見ガラクタとしか見えないような(本当にガラクタなんだと思う)ものや、手作りのオモチャのようなものや、絵や、ネオン管。そして光や音がぐわんぐわん回っていた。俺の感想としては、面白いけどこの程度の乱暴さはIAFでは普通かな、て感じでした。
-----------------------------
さてその後、
吉祥寺にある有名な焼鳥屋「いせや」へと向かうことに。
ホントはOngoingでご飯食べようと思ってたんやけど予約のお客さんで貸し切りで、さぁどうしようって時に、さすが東京在住のHさん、吉祥寺なら「いせや」でしょ、とか言ってすぐに良い店をピックアップしてくれた。そしてこの良い店っていうのがモロに俺好みの店で、行ってみたらぜんぜんキレイじゃない焼鳥屋なのにお店の前に有名ラーメン店なみの行列が出来ていて、しかもどんどんお店から人が出てきて入れ替わりで人がずんずん吸い込まれていっている。そして中に入ってびっくりしたっていうか納得したっていうか喜んだっていうか、つまりこの店は焼鳥屋版「元祖長浜屋」なのだ。ホントにそっくりで感動した。店員さんの格好もそろいの白衣みたいなのに長靴だ。きったないテーブルに丸イスだ。ザワつき加減も同じ。


f0190988_2323632.jpg


f0190988_2323196.jpg


楽しくてほとんど寝てないのに酒が進んだよ。 Hさんアリガトー!!
-----------------------------
さてさてその後、
Hさんは帰り、俺は生島くんと池袋で待ち合わせ。そこから埼玉県志木市にある生島くんが寝ぐらにしている場所へ。生島くんは東京時代にお世話になっていたバルーンディスプレイの会社の一部屋に住まわせてもらっていたのだ。ここもスゴイところで倉庫中バルーンだらけ。会社の人たちは現場に出ていて誰もいない。俺はバルーンマスター生島の片鱗を見たような気分だった。
その日は2人で布団を並べて寝た。疲れていたのか酔っていたのかすぐに眠りについた。
-----------------------------
以上1日め終わり。
2日めトーク本番日に続く。
[PR]
by iaf_satokei | 2009-04-04 14:32 | Comments(0)