うるさいギャラリー

君のことが気になって仕方が無かった。


当たり前やろ! 絶食して水しか体に入れず声も発せずに数日を過ごしてる人がずーっと同じ空間にいて、しかも土の中に埋もれて長時間動かなくなったり、おもむろにゆっくり動き出したり、気にせずにいられるか!


・・・・・さて、少し遅くなりましたが先日まで行われていた渡邊瑠璃の展覧会「樹の尾をもつ金色さかな/それを食う黒い鳥」が無事に終わったことをここにご報告します。
彼女の体調を気遣ってくれていた人もいましたので、問題なく(思ったよりずっとしっかりしていました)終了したことをお知らせしておきます。そこに居た数人の静かな拍手の中、すーっと終わりました。


人がいっぱいでワイワイしているけどみんなが気にしている状態、数人が無言で彼女を見つめている状態、誰も来てなくて二人っきりの状態、俺にとってもなかなか経験できない時間を過ごさせてもらいました。

展示空間としてもとても良かったと思います。
絵の内容は完全に個人的なことだったけど筆跡から感じるものが強くありました。会場にあった詩のような言葉もこの展示には絶対に必要なものだったと思います。「樹の尾」の部分にあたる大きな木の枝も良くできていました。全体の展示も、彼女がいる場所の作り方もそこにあるものも、やりたいことが空回りせずにうまく表されていてとても良かったと思います。

あと、3日目の朝方、何故か自分の家でぬくぬくと寝ていた俺が嫌な夢を見てうなされて飛び起きたこともご報告しておきます。





f0190988_2324349.jpg




f0190988_23243494.jpg




f0190988_2324487.jpg




f0190988_2325263.jpg




f0190988_23253152.jpg




f0190988_23254830.jpg




f0190988_2326021.jpg




f0190988_2326114.jpg




f0190988_23262452.jpg




f0190988_23265928.jpg




f0190988_23271035.jpg


[PR]
by iaf_satokei | 2015-02-04 23:38 | Comments(0)